« 吉見百穴 | トップページ | 小倉城 【武蔵】 »

2012年8月31日 (金)

武州松山城 【武蔵】

吉見百穴を紹介したので、続いて武州松山城を紹介したいと思います。

場所:埼玉県比企郡吉見町(地図)
訪問:2011年4月ほか ※動画は2011年7月
形態:平山城
遺構:曲輪・馬出・空堀・土橋・井戸など
指定:比企城館跡群として国の史跡に指定
駐車:有 ※吉見百穴正面
満足:★★★★★★★☆☆☆(7.0点)

関東の要衝だった武州松山城は数々の激戦が繰り広げられた舞台でもあります。特に戦国時代には後北条氏の支配が確立するまで支配勢力が目まぐるしく変わり、そのなかで色々な逸話も誕生しました。

遺構の残存具合は良好です。見所は各曲輪を隔てる大きな空堀。国道沿いにそびえる丘をちょっと登るだけなので、労少なく中世城郭の遺構を堪能できる良城跡ですね。
動画は夏草茂る時期なので、画像と比較してもらえると面白いかも。


動画

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1
↑【周辺の状況】
武州松山城は古くから武蔵北部における要衝であり、著名な大名(後北条氏・甲斐武田・越後上杉などなど)が争奪戦を繰り広げた場所として知られています。
1590年の小田原征伐の際には豊臣方の前田利家・上杉景勝などが率いる北国勢によって攻略され、1601年に廃城とされました。

2
↑【立地】
台地脇の市野川は天然の堀として機能していますし、周囲には広大な湿地が広がる天然の要害に武州松山城は構えられていました。東に残る大沼(百穴湖)は人造湖ですが、往時は湿地が広がっていて泥田堀のような役目を果たしていたのだと思います。
史跡として認定されている主要部の南東側には"大堀""外郭"が構えられていましたが、東北自動車道の建設をする際に採土されて消滅してしまいました。

20
↑【在りし日の外郭】
根古屋など主要部以外にも、城址だった面影がいくつか残っていそうな感じがするんですけどね。
気が向いたらチャレンジしてみたいとは思うのですが・・・

4
↑【残される技巧的な縄張り】
主要部はそんなに広大ではありませんが、入り組んだ深い堀がとてもよく保存されていて、かなりの見応えを感じていただける場所だと思います。
戦国末期の合戦に適した構造だとは思いませんが、空堀へ巧みに敵を誘いこんで効果的に撃退できるよう考えられた技巧的な縄張りには見事の一言ですね。
こういった構造の城址はそう多く残されている訳ではないと思うので、いつまでもこの状態が続くことを切に願います。

※上記は20146月に追加したものです。
↓以下、以前作成した記事(20128)です。

Bumatu_000_map1
↑案内。

Bumatu_001_l
↑吉見百穴から見る松山城。

Bumatu_002_iwa
↑岩室観音の裏にある竪堀からも訪問できますが、水気の多い場所なのでお勧めはしないです。

Bumatu_003_e
↑国道側にある登城口。

Bumatu_004_
↑本曲輪。

Bumatu_005_
↑本曲輪から見る二の曲輪。櫓台状の土壇もあり横矢掛りを意識した構造になっています。

Bumatu_006_
↑三の曲輪(旧春日曲輪)。東に馬出を設けてありますが、この曲輪も馬出だったような感じです。

Bumatu_008_
↑その三の曲輪に接続する馬出。

Bumatu_007_
↑四曲輪。

Bumatu_009_
↑城址の東には大きな外郭が残っていたみたいなんですが、東北自動車道の建設による採土によって破壊されてしまいました。

Bumatu_010_
↑井戸跡?

Bumatu_011_
↑兵糧倉。昭和初期くらいまでは実際に焼米を見つけることができたそうです。

Bumatu_012_
↑惣曲輪虎口。ここ、冠木門なんかあると格好いいんだけどな。

« 吉見百穴 | トップページ | 小倉城 【武蔵】 »

」カテゴリの記事

地域 - 埼玉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
自分で言うのも何なのですが浜松・豊橋の人です。

ニコニコ動画の方で天神山城がUPされているのを確認したので、まずは動画説明を
読もうかなと思って見たところ、当ブログの紹介があったのでお邪魔した次第です。

来たばかりでいきなり間違いを指摘する形になってしまうのは心苦しいのですが、
武州松山城の場所が間違っている様です。長野県東筑摩郡筑北村坂北はおそらく
青柳城の場所では?

今からゆっくりと当ブログや天神山城の動画を拝見させて頂きます。
これからもコメントを付けさせて頂こうと思っていますのでよろしくお願いします。

>浜松・豊橋の人です

こんにちは、コメント有難うございます。
なんか小机城でも変換間違い指摘されちゃいましたよね、お恥ずかしい限りで。。。
でも助かりました。即刻、修正させていただきます。

調子にのってブログなんかつくっちゃいました。動画もそうなんですけど、手持ちの画像を寝かせてても自分がいなくなったらそれっきりになっちゃうと思うので、だったらログ的な意味合いもあわせて公開しちゃえって。

研究家でも何でも無いので、内容は(自分的には)ライトな感じで作成してみました。コメントも大歓迎です。ばしばし指摘してもらって構いませんので。
また覗きに来てやって下さい。今日は有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武州松山城 【武蔵】:

« 吉見百穴 | トップページ | 小倉城 【武蔵】 »