« 木原城 【常陸】 | トップページ | 11/24 訪城報告 »

2012年11月22日 (木)

牛久城 【常陸】

場所:茨城県牛久市城中町(場所)

訪問:201111月ほか

形態:平山城

遺構:曲輪・馬出・空堀・土塁・井戸跡など

指定:なし

駐車:三郭付近に駐車可能

満足:★★★★★★★★(8.0)

見所:良好に残る曲輪跡や空堀

※記事は20131121日に修正しました。

牛久城は岡見城を本拠としていた岡見氏によって、1550年頃に築城されたと考えられています。城は牛久沼湖畔にある台地先端の要害に築かれました。

同族の小田氏が佐竹氏に圧迫されるなかで岡見氏は小田氏を援助していきますが、小田氏は1569年に発生した手這坂の合戦で佐竹勢に大敗を喫し、急速に勢力を衰えさせていきます。

そして岡見氏は下総国から徐々に勢力を拡大してきた後北条氏の傘下に入り、勢力を維持するという選択を行いました。

後北条氏にとって岡見氏は、江戸崎土岐氏や下総相馬氏などと同様に、常陸国における最前線の勢力として非常に重要な役割をもっていたのですが、戦国後期になると岡見氏は多賀谷氏に圧迫されるようになり、遂には牛久城近くに付城である泊崎(八崎)城を構築されるまでに圧されてしまいます。

そんななかで、後北条氏は岡見氏を護るべく、牛久番なる制度を制定させました。牛久番とは岡見氏同様に後北条氏の傘下に収まっている勢力を牛久に駐屯させ、岡見氏を常に援護していこうというものです。

牛久番には下総国の井田氏(坂田城)や高城氏(小金城)、国分氏(矢作城)、豊島氏(布川城)などが務め、主に東林寺城に駐屯していたものと思われます。

有力支城である足高城は落城するも、牛久番の助力を得た岡見氏は戦国末期までその勢力を存続させました。

岡見氏は後北条氏の滅亡とあわせて没落していきますが、牛久城には由良氏が入るなどして1623年まで存続していました。

牛久城が廃城になった後も城内の一角に陣屋が構築され、牛久藩の藩庁として明治に至るまで使用されています。

↓※以前の記事です。

岡見氏が岡見城に代わる本拠として築いたのが牛久城ですね。
岡見氏が後北条氏に属した後は、佐竹氏に対する後北条氏の前線基地として整備拡張されていきました。牛久城は近所にある東林寺城もそうですが、戦国末期の後北条氏の駐屯基地がどのような形状だったのか、往時を検証する上で貴重な資料になる城跡としてよく名があがる場所でもあります。

 
牛久番として駐屯していたという高城氏の小金城や、井田氏の坂田城も広大な城だったみたいですし、なにより坂田城は形状自体も東林寺城に類似していて、なかなか興味深い。
 
あと、余談ですが最後の城主になった由良国繁は、見事な石垣が残ることで有名な太田金山城の城主だった人物ですね。だからどうということは無いのですが、なんかね。

※動画は201311月に撮影・編集してアップロードしたものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1_a 2b
↑動画でも使用している、作成した牛久城の概略図。外郭は市街地化されてしまいましたが、主要部には土塁や堀跡が良い状態で保存されています。
_

Usiku_001_
↑現地案内に掲載されていた牛久城の縄張図。
_
Usiku_002_
↑【遠視】
右手の丘陵が牛久城の主要部です。
_
Usiku_004_ Usiku_003_
↑【三郭】
城跡案内もたてられていますし、スペースも広いので車を停めておくには丁度いいです。写真右は三郭から見た木戸口。写真左は逆に木戸口辺りから見た三郭。
_
Usiku_005_
↑【木戸口】
馬出のような小郭です。
_
Usiku_006_ Usiku_007_
↑木戸口からは奥に向かって細道が続いていました。写真右はその細道から場外を見下ろしたところ。湿地ですよね。牛久城周囲の低地は耕作地が多いのですが、往時はこんな感じだったのかもしれません。
_
Usiku_008_
↑二の丸の空堀に残る畝。もしかしたら橋脚台跡かも知れませんね。滝の城を思い出します。
_
Usiku_009_
↑二の丸脇の腰郭。土塁が良い状態で残されています。
_
Usiku_010_ Usiku_011_
↑さらにその一段下にも腰郭が設けられています。
_
Usiku_012_ Usiku_013_
↑【二郭】
東側は一部崩落したような箇所もありますが、腰郭同様に二郭も土塁が良く残されています。
南東は張出は主郭との虎口だったのかなと思ってみたり。
_
Usiku_014_ Usiku_015_
↑本丸と二の丸の間の空堀。この堀内にも2箇所ほど畝が残されています(写真右)。
_
Usiku_016_ Usiku_017_
↑【主郭】
ここにも土塁が残されていますが、規模は二の丸の土塁に遠く及びません。(写真右)本丸からは、牛久沼がよく見渡せました。
_
Usiku_019_ 02_001
↑【大手付近】
主要部以外にも、総構えの面影は住宅街の中にちらほらと残されています。これは大手門跡。
大手門周囲の堀は埋められたりして消滅したりしてしまっていますが、ちょっと外れにいけば外郭の堀を良好に確認することが可能です。
_
Usiku_018__2
↑【牛久陣屋跡】
特に陣屋跡の説明はありませんでした。

« 木原城 【常陸】 | トップページ | 11/24 訪城報告 »

」カテゴリの記事

地域 - 茨城」カテゴリの記事

コメント

こんちゃノ毎回動画見させていただいてます^^自分は関西中心に東海・中国・北陸の城址や古戦場などを、めぐってます^^関東は遠いのでなかなか、行けないので、毎回楽しみです。自分は、城址の遺構など、写真にとってノートにはり、コメントをかいたりかかなかったりしてます。まあほぼ自己満です^^

>フジキセキさん

コメント有難うございます。関東は土の城ばっかりなので、関西中心に巡られてるって聞くと正直羨ましいですね。関東の土の城も地域や勢力ごとに特色があって、これはこれで十分に楽しいんですけど、たまには石垣の城跡も堪能したいじゃないですか。そうなると結構限定されてしまうんでね。

動画に対するご意見・ご要望あれば気楽に書き込んでください。正直、私の場合も完全に自己満足で活動しているので、要望に沿えるかは判りませんけれど、ご意見は参考にさせていただきます。

余談ですが、本日は栃木県那須烏山市の烏山城という山城(あと、ほかに2城)を散策してきました。明日にはとりあえずの散策報告をブログにあげられると思います。
今後も気楽に遊びに来てくださいね。お待ちいたしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛久城 【常陸】:

« 木原城 【常陸】 | トップページ | 11/24 訪城報告 »