« 佐貫城 【上総】 | トップページ | 前ヶ崎城 【下総】 »

2012年11月30日 (金)

小金城 【下総】

場所:千葉県松戸市大金平(場所)

訪問:201111

形態:平山城

遺構:曲輪・空堀・畝・土塁など ※大谷口歴史公園内

指定:なし

駐車:なし  ※公園脇に路駐させていただきました

満足:★★★(3.5)

見所:大城郭の面影を僅かに残す虎口遺構

 

20141月に記事の修正を加えました。

小金城は千葉県の松戸周辺を本拠に勢力を築いていた高城氏の居城でした。

 

高城氏は千葉氏、もしくは千葉氏の重臣だった原氏の一族といわれているので、どちらにしても千葉氏の系統ということに変わりないみたいですね。国府台にも近い松戸はかなり繁栄していたみたいで、松戸という要地を抑える高城氏は原氏と並ぶ千葉氏の重臣として、戦国末までその勢力を存続していくことになります。

 

馬加千葉氏同様、後北条氏が勢力を拡大してくるとその傘下に入り、高城氏は他国衆として活躍しました。常陸・牛久城の岡見氏を多賀谷氏から守るため、牛久番として東林寺城に駐屯していた時期もあるみたいです。

 

1590年、秀吉による小田原攻めが開始されると、高城氏は主力を率いて小田原城に篭城しました。主力が不在の小金城は浅野長政率いる秀吉軍の前に開城。高城氏は没落し、小金城には武田信吉が入って一時は居城として使用していましたが、1593年には信吉は佐倉に配置換えとなったために廃城とされました。

 

 

残された遺構は僅かかもしれませんが、虎口としての面影はよく感じとれる場所だと思います。堀跡の畝は肉眼では殆ど把握できないほど風化してしまっていましたが、撮影した写真で確認すると僅かながらに凹凸が。

国府台合戦というと、とかく国府台(市川市の里見公園辺り)で発生した合戦と勘違いされがちですが、第二次国府台合戦は松戸市近辺で激戦が行われており、実際は違うみたいです。北条方についた高城氏の小金城も、この時は相当な緊張状態にあったことでしょうね。

往時のそういった状況を想像しながら、あわせて国府台合戦の古戦場などを訪問してみるのも、面白いかも知れません。

↓以下、以前作成した記事です。

別名・大谷口城。原氏の重心であった高城氏の居城だった小金城ですが、その下総国北西部の中で最大規模を誇ったという城跡は、今は住宅地に埋もれてしまっていて殆ど面影が残されていません。 
現在は金杉口(大谷口歴史公園)と達磨口(達磨公園)に公園が造られていて、特に金杉口には虎口や土塁、障子堀などを僅かですが残されているので、確認することができます。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Photo_2
 ↑高城氏は当初拠ったとされる根木内城と小金城は至近の距離です。こう見ると、勢力の拡大に伴ってさらに大きな城域を確保できる小金城に本拠を移したということが、よく理解できるのではないでしょうか。

Photo
 ↑小金城の簡単な概略図を作成してみました。市街地化によって遺構の多くは失われてしまいましたが、その輪郭は今でも感じ取ることができます。

0_01
 ↑今回紹介するのは、金杉口という虎口跡に整備された大谷口歴史公園です。大谷口とは小金城の別称ですね。小金城は大谷口城や大谷口小金城とも呼ばれています。
Kogane_003_ Kogane_004_
↑金杉口と名称が残る虎口。昇った先には冠木門が設置されていました。
_
Kogane_005_ Kogane_006_
↑障子堀跡。今は判別がつかないですが、調査によって仕切り(写真右)が確認されたんだとか。
_
Kogane_007_ Kogane_008_
↑こちらは畝堀。写真だと何となく畝の痕跡がわかるのですが、現地では殆ど視認できませんでした。露出させてしまうと、すぐに風化しちゃいそうですしね。まあ、仕方ないと思います。写真右は発掘調査後の様子ですね。なかなか見事な感じです。
_
Kogane_009_
↑周囲を取り巻く土塁。
_
Kogane_010_
↑その土塁の上から金杉口を覗いて見ました。



冒頭の地図を作って思ったのですが、結構城址の輪郭がハッキリしていましたね。往時の雰囲気を脳内補完しながら周囲を散策すると、意外な発見があるかもしれません。

« 佐貫城 【上総】 | トップページ | 前ヶ崎城 【下総】 »

」カテゴリの記事

地域 - 千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小金城 【下総】:

« 佐貫城 【上総】 | トップページ | 前ヶ崎城 【下総】 »