« 小田城の調査説明会(2012) | トップページ | ただいま烏山城の動画作成を目指して作業中 »

2012年12月14日 (金)

増尾城 【下総】

場所:千葉県柏市増尾(場所)
訪問:201111
形態:平山城
遺構:曲輪・空堀・土塁など
指定:なし
駐車:
満足:★★★★★(5.0)
見所:なかなかしっかりした土塁を見学することができます

20141月に記事の修正を加えました。

大正時代に編集された書において小金城を本拠とする高城氏の支城で平川若狭守が城主だったと推測されているみたいですが、これ以外に資料が確認されていないので、実際のところは不明といった感じでしょうか。

付近は相馬御厨と呼ばれる荘園の領内であることから、もしかしたら古くは相馬氏関連の城跡だったということも考えられますね。

台地の突端部に位置していて、台地下にあたる南側は大津川の分流が天然の堀を形成しています。城址公園の中に厚手の土塁と横堀がしっかり残されていて、雰囲気はなかなか良いですね。
台地続きとなる主要部の西側にも遺構が残されているかもしれませんが、未確認なので不明です。

↓以下、以前作成した記事です。

資料が乏しいので細かい歴史はわからないみたいですが、戦国時代は高城氏家臣の平川若狭守が城主であったと推察されているみたいです。
舌状台地に築かれた小規模なお城ではあるのですが、土塁や空堀がしっかり残されているので、個人的には楽しめました。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Photo_4
 ↑作成した増尾城の簡単な概略図。

0masuo_001
↑公園の案内に掲載されていた縄張り図。こういうのは有難いですね。
_
0masuo_002
↑駐車場から登ってすぐにある副郭の空堀。写真中央の張り出しは櫓台とされている場所です。

0masuo_003 0masuo_004
↑副郭の虎口。副郭までは櫓台の脇を抜けていかなければならず、厳重な構えになっています。

0masuo_005
↑副郭。土塁がよく残されています。

0masuo_007 0masuo_008
↑主郭。副郭とは土塁で仕切られているだけで、副郭からの虎口にはこれといった工夫の跡は見受けられません。東側のみ土塁が残されていないのですが、これは崩れてしまったからなのかな?

0masuo_009_2
↑主郭の北側にある腰曲輪。搦め手を守る小口曲輪といったところでしょうか。

0masuo_010
↑西側の帯曲輪。

0masuo_011
↑帯曲輪の向こうは広大な谷戸です。昔は湿地帯とかだったんでしょうか。

0masuo_012 0masuo_013
↑城跡は公園の敷地内に取り込まれる形で残されています。

« 小田城の調査説明会(2012) | トップページ | ただいま烏山城の動画作成を目指して作業中 »

」カテゴリの記事

地域 - 千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増尾城 【下総】:

« 小田城の調査説明会(2012) | トップページ | ただいま烏山城の動画作成を目指して作業中 »