« 津辺城 【上総】 | トップページ | 1/13 訪城報告 »

2013年1月11日 (金)

田間城 【上総】

場所:千葉県東金市田間(地図)
訪問:2012年2月
形態:平山城
遺構:曲輪・空堀など
指定:たぶんなし
駐車:田間神社の駐車場を拝借
満足:★★★★★(5.5点)

見所:東金酒井氏が東金城に移る前に拠った居城

【2013年9月に内容を修正しました】
土気城にいた酒井定隆が、土気城に変わる本拠として築城したのが田間城だと言われています。なお、酒井定隆が田間城に滞在
していたのはそう長い期間でもなかったらしく、1521年には手狭であるとの理由から、東金城へと居城を移してしまいました。
その後も東金酒井氏の支城として使用されていたみたいですが、1590年の秀吉による小田原征伐によって後北条氏の勢力下にあった東金酒井氏は所領を没収されて没落。田間城もそのときに廃城とされたのでしょう。
なお、東金酒井氏の子孫は徳川幕府に旗本として仕え、存続していったみたいです。

城内に案内などの設置はされていませんが、整備は行き届いているのでとても見学し易い城址です。田間神社からの訪問口は社務所の脇にあるので、神社の関係者がいらっしゃる場合は挨拶などしておくのが無難かも知れませんね。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

01 0_1
↑大まかな田間城の概略図。
のちに居城を移す東金城はそう遠い場所ではありませんね。田間城は平地が多くて居住性には優れますが、防御力に難があるので居城を変更したのではないかと思います。
【2013年9月に追加】

0tama_001
↑【登城口の目安になる田間神社】
麓の田間神社。もとは定隆が田間城内に第六天宮を祀ったのが始まりだとか。

0tama_002
↑【登城口】
奥に見えるのが田間城への登城道です。

0tama_003 0tama_004
↑途中には竪堀のような溝(写真左)や腰郭(写真右)も見受けられます。

0tama_005
↑【堀切】
登りきると本郭と二郭の間の堀切が現れます。これは本郭上から見たその堀切の画像です。

0tama_006 0tama_007
↑【本郭】
田間神社側に虎口状の窪み(写真右)があるんですけど、下にある腰郭との連絡通路として使われていたりしたのかな。

0tama_008
↑【二郭】
広いです。

0tama_009 0tama_010
↑【西側の腰郭】
本郭や二郭の西側にある、広大な腰郭。この郭の一角にあるお社が田間神社の元宮です。

0tama_011 0tama_012
↑この腰郭の北端は竹林になっていました。

0tama_013
↑続いて南側。こちらには大手だったようで、まだ郭が続きます。

0tama_014 0tama_015
↑腰郭とその脇にあった竪堀状の虎口。

0tama_016
↑東金城へ移動したのは田間城が手狭なためということでしたが、なかなかどうして。大きな郭が複数設置してあり、狭いという印象はありませんでした。どちらかというと防御性に難があったためというのが正しいような気がしますよ。

« 津辺城 【上総】 | トップページ | 1/13 訪城報告 »

」カテゴリの記事

地域 - 千葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田間城 【上総】:

« 津辺城 【上総】 | トップページ | 1/13 訪城報告 »