« 小坂城 【常陸】 | トップページ | 石岡城(石岡外城) 【常陸】 »

2013年2月21日 (木)

石岡府中城 【常陸】

場所:茨城県石岡市総社(場所)
訪問:2013年2月
形態:平山城
遺構:移築門・土塁・空堀など
指定:国指定史跡(常陸国府跡として)
駐車:有
満足:★★★★(4.5点)

常陸の名族、大掾氏が戦国時代に本拠にしていたのが石岡府中城です。大掾氏は分家が非常に多く、有名どころでも鹿島氏、真壁氏、行方氏などが揃いますが、関東大乱の幕開けともいえる上杉禅秀の乱のあたりから雲行きが怪しくなっていき、最後は秀吉に常陸統一のお墨付きをもらった佐竹氏によって滅ぼされてしまいました。

江戸時代、石岡府中城には初代水戸藩の藩主である徳川頼房の子息・松平頼隆が常陸府中藩主として二万石で入り、石岡陣屋を築いて使用されます。常陸府中藩は1871年の廃藩置県まで無事に存続し続けました。

石岡市の中心地に近い場所であるため、市街地化によって遺構は殆ど残されていません。明確に確認できるのは石岡小学校に残る陣屋の移築門と土塁、後は市街地の中ですけれど、本郭と二郭を仕切る堀の一部が確認できるのみですね。ただ、石岡府中城は恋瀬川沿いに丘陵の先端部分に設けられていたみたいで、その地形から往時を偲ぶことは十分に可能だと思います。

あと、驚いたのは鎌倉以前は石岡が常陸の国府だったみたいで、石岡小学校が常陸国府跡として国指定史跡になっているということ。調査の後に遺構は全て埋め戻され、現在は普通にグランドとして使用されているので、パッと見ただけでは判別がつきません。小学校の敷地内(というかグランドの横)に民族資料館が建てられているので、見学するといろいろ判って楽しいですよ。

※今のところYoutubeしかアップしていません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0isi_001
↑現地案内より府中城跡見取図。
0isiokafucyu_000a
↑往時の郭の配置を簡単にまとめてみました。遺構も少数ながら確認できますし、宅地化されながらも往時の雰囲気はしっかり残されていることが判ります。 
※13/06/09 追加
0isi_002
↑石岡陣屋の移築門。
0isi_003_2 0isi_004
↑城跡というだけでなく、この付近は古より重要視されてきた場所だったんでしょうね。詳しくは民族資料館にて確認してみて下さい。
0isi_005
↑数少ない遺構のひとつ、土塁です。
0isi_006
↑こちらは堀跡。

« 小坂城 【常陸】 | トップページ | 石岡城(石岡外城) 【常陸】 »

」カテゴリの記事

地域 - 茨城」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

この城は、遺構が少ないですよね

陣屋の移築門もかなり傷んでますね、あと城跡には古墳などがよくありますね石棺を含めてですが

以前に行った際に、民族資料館は残念な事に休みでしたよ、また行きますよ。


                                                     山城守

>>山城守さん

こんにちは!
遅レスになっちゃいまして、申し訳ございません。

民族資料館は週末および休日のみの開館みたいですよ。ボランティアの方々だと思うのですが、自分が訪問した際には館内に4~5名いらっしゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石岡府中城 【常陸】:

« 小坂城 【常陸】 | トップページ | 石岡城(石岡外城) 【常陸】 »