« 八王子城 【武蔵】 1/4 居館地区 | トップページ | 八王子城 【武蔵】 3/4 要害地区 »

2013年5月21日 (火)

八王子城 【武蔵】 2/4 太鼓曲輪

八王子城 その1 の続きです。

その1では八王子城の居館地区を紹介しました。ハイキングコースに沿って紹介をしていくのなら、次は山中に残る要害地区となるのですが、その前に太鼓曲輪を紹介していきたいと思います。

0hachiou_000c_2
↑八王子城主要部における曲輪の配置図。


■太鼓曲輪


0hachiou_000b
↑太鼓曲輪は、居館地区や根小屋地区の南側にある、尾根の中に設けられていました。見ての通り、この尾根は八王子城の南側を守る、防壁としての役割を担っていたものと思われます。
ちなみに、太鼓曲輪尾根の南側にも八王子城の関連施設があったみたいなんですが、流石にそこまでの確認は行っていません。
0hachiou_0020 0hachiou_0021
↑尾根のハイキングコースを歩いて太鼓曲輪を目指すという方法もあるみたいですが、矢印の竪堀を登ることで、比較的簡単に太鼓曲輪を目指すことができます。
0hachiou_0022
↑傾斜が急な場所にはロープが張られていました。以前訪問したときは無かったと思うんですけどね。見学し易いよう、徐々に整備が進んでいるってことなんでしょうね。有難いことです。
0hachiou_0045
↑航空写真とかだと位置が説明しづらいのですし、高低差の表現も不可なので、今回は簡単に太鼓曲輪の図を描いてみました。先のGoogleMapとあわせて見ると、かなりイメージし易くなったように思うんですけど、どうですか?
0hachiou_0023 0hachiou_0024
↑(a) 訪問路の竪堀を登りきると、尾根のなかでも窪地のようになっている場所に出ます。ここは堀切としてカウントされていませんでしたが、規模が大き過ぎるだけで、往時は堀切としての役割を担っていたのではないかと思いますね。
あと、武者溜りとして使用するのにも最適な空間です。
0hachiou_0025
↑aの場所から太鼓曲輪を目指すと、一番初めに現れる堀切2。尾根をV字に削って、往来を完全に遮断しています。写真では判らないと思いますが、堀切手前より太鼓曲輪側の曲輪のほうが高所にあって、寄せ手を効果的に撃退できるよう、設計されています。
0hachiou_0026
↑隣の曲輪に入る道。今はロープが設置されていてますが、以前訪問したときにはこのロープはありませんでした。そのときはまだこういう場所に不慣れでしたし、なによりスニーカーだったので足元が滑って大変だった記憶が・・・。かなり苦労したので、そのときはこの曲輪に登ったところで見学を諦めてしまいました。
0hachiou_0027 0hachiou_0028
↑堀切3。明瞭な竪堀も残されていて、なかなか見応えのある堀切です。ただ、大き過ぎることと、撮影できるスペースも非常に限定的なこともあって、写真だとなかなか写しきれません。
0hachiou_0029 0hachiou_0030
↑その堀切3の堀底から見上げるとこんな感じです。
0hachiou_0031
↑太鼓曲輪の中心部と記した曲輪。中心部だけあって、今までの尾根より幅広の場所が多いように思います。往時は、溜池からこの曲輪に続く道が整備されていたのだとか。
0hachiou_0032
↑堀切4。
0hachiou_0033
↑ここまでの堀切と比較すると、そんなに凄い防御性がありそうな堀切ではありません。ちょっと造ってみたけど、防御設備としてはあまり意味がなさそうなので、凝った構造にしなかったとかそんな感じ!?
0hachiou_0034
↑堀切4と堀切5の間の曲輪の側面には、五段石垣と呼ばれる遺構が残されているみたいです。途中に赤テープが貼ってあったけど、そこを降りると五段石垣を確認できるのかな?
0hachiou_0035 0hachiou_0036
↑戦略上境界線と考えられている堀切5。境界線と指摘されるだけあって、堀切3よりも大きく感じました。ここも太鼓曲輪側のほうが明らかに高い位置にあって、太鼓曲輪の防御を強く意識した構造になっています。
0hachiou_0037
↑尾根はその先も続きますが、めぼしい遺構は残されていないみたいなので、適当なところで引き返しました。続いて、冒頭(a)の反対側に残る、堀切1を確認しに行きましょう。

0hachiou_0038 0hachiou_0039
↑堀切1の途中にある片堀切。段差の下に僅かな窪みがあるだけで、明らかにここまでの堀切とは性質が違います。
0hachiou_0040
↑なんで堀切を置かなかったんでしょうかね。何かしら理由がある筈なんですけど・・・
0hachiou_0041 0hachiou_0042
↑堀切1。ここも太鼓曲輪側が高くなっていて、守備を意識した構造になっています。
0hachiou_0043
↑竪堀も非常にハッキリした状態で残されていて、良い雰囲気。
0hachiou_0044
↑ちょっと道も荒れていますし、この先に遺構はなさそうなので、今回はここで引き返しました。


太鼓曲輪はこれで終了。
次回は山に構築されていた要害地区の紹介です。

その3
(その1)


※太鼓曲輪の撮影時期は2013年4月です。

_

« 八王子城 【武蔵】 1/4 居館地区 | トップページ | 八王子城 【武蔵】 3/4 要害地区 »

」カテゴリの記事

地域 - 東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八王子城 【武蔵】 2/4 太鼓曲輪:

« 八王子城 【武蔵】 1/4 居館地区 | トップページ | 八王子城 【武蔵】 3/4 要害地区 »