« 林外城 【常陸】 | トップページ | today news »

2013年5月10日 (金)

楯の宮館 【常陸】

場所:茨城県鹿嶋市和(場所)
訪問:2013年4月
形態:平山城
遺構:曲輪・横堀・土塁など
指定:不明
駐車:台地続きにある墓地の近辺に駐車させていただきました
満足:★★★★★★(6.5点)

「余湖くんのお城のページ」に掲載されている楯の宮城の項を参考にして、楯の宮城を訪問してきました。詳しい歴史は判りませんが、図を見るとしっかりした遺構が残されていそうなので、訪問予定に追加。

突入口に決めていた墓地がすぐに発見できなくて、諦めて戻ろうとした矢先に目的の墓地を発見。
その墓地から尾根に突入し、残されている横堀道を進んでいくと、土塁などの遺構がしっかりと残されていました。

※参考サイト 「余湖くんのお城のページ

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0tatenomiya_000
↑「余湖くんのお城のページ」に掲載されている縄張り。
0tatenomiya_001 0tatenomiya_002
↑今回、訪問に際して目印としていた墓地。墓地の端にある薮の壁を突破すると、間違っていなければ横堀が見つかる筈です。
0tatenomiya_003_2
↑横堀道に沿って歩いていくと、Y字の分岐が。Y字の分岐は館跡まで2箇所ありましたが、そのどちらも最終的には合流する感じだったので、左右どちらの道を選んでも大丈夫だと思います。不安でしたら、左右の横堀道を横目で確認しながら、台地の中央を歩くなどして対処すれば問題無い筈です。基本は尾根に沿って先端を目指す、それだけですから。
0tatenomiya_004
のあたり。
0tatenomiya_005
。楯の宮館の虎口だったと思われる場所です。自分には枡形のような感じを受けました。
0tatenomiya_006
↑郭内は全体的にこんな感じで、視界は悪いです。
0tatenomiya_007
↑それでも周囲を廻る土塁は、案外しっかり残されていました。
0tatenomiya_008
。この空間はどのような意味をもって造られたんでしょうか。


余湖図を見ると判るのですが、郭は二段に分かれています。見学していてそのことは理解できたんですけど、上段は結構な薮だったので、確認しませんでした。
帰宅して縄張りを確認すると、そちらには下段よりもっと広大な敷地が残されていたことを知り、ちょっぴり後悔。まあ、仕方ないですね。またの機会をうかがうとしますか・・・

« 林外城 【常陸】 | トップページ | today news »

」カテゴリの記事

地域 - 茨城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楯の宮館 【常陸】:

« 林外城 【常陸】 | トップページ | today news »