« 楯の宮館 【常陸】 | トップページ | 鹿島城 【常陸】 »

2013年5月12日 (日)

today news

秀吉の戦略指示書見つかる 賤ケ岳合戦、滋賀で展示

1583年に羽柴(豊臣)秀吉と柴田勝家が戦った賤ケ岳(しずがたけ)の合戦で、秀吉が戦場に向けて具体的な戦略を指示した古文書が見つかり、滋賀県長浜市の長浜城歴史博物館が11日、展示を始めた。同博物館は「合戦の当事者のやりとりが分かる史料は珍しく貴重だ」としている。

 賤ケ岳の合戦では、同年3月中旬から長浜市の余呉湖周辺で羽柴、柴田両軍がとりでを築き、にらみ合いを続けた。

 文書は、秀吉の弟で当時前線にいた羽柴秀長に宛てた「羽柴秀吉書置 羽柴秀長宛」の墨書で、縦30センチ、横約45センチ。黒田官兵衛や木村隼人などの名前を挙げ、自軍のとりでの周囲にある小屋を壊すことなどを指示している。

 博物館によると、文書には「小屋の空き地に軍勢を送るので、今いる軍隊は前線から撤退してはいけない」とも記されており、小屋の破壊は最前線の軍勢を増強することを狙った作戦とみられる。この合戦への黒田官兵衛の参戦は従来、一部の史料でしか確認が取れていなかったといい、博物館は「今回の発見で参戦が確定できた」と評価している。〔共同〕

↑日経新聞より抜粋。

「天空の城」で挙式 千葉のカップル、兵庫・竹田城跡で

雲海に浮かんで見えることから「天空の城」と呼ばれる兵庫県朝来市の竹田城跡で11日、千葉県浦安市のカップルが結婚式を挙げた。小雨の中、2人は観光客らに見守られながら永遠の愛を誓い合った。

 朝来市のNPO法人が企画し、全国からカップルを募集。地元高校生のブラスバンドも参加し、門出を演出した。

 新郎の会社員、二宮真之さん(34)は「幻想的な雰囲気を満喫できた」と笑顔。新婦の歯科衛生士、光世さん(29)も「とても幸せです」と喜びをかみしめた。奈良県から観光に来た会社員、片岡由佳さん(23)は「とてもすてき。一生の思い出になると思う」と祝福した。

 竹田城は1400年代に築かれたとされ、現在は石垣だけが残る。朝と日中の気温差が大きい秋から冬にかけて、近くの川霧が雲海となって周囲を取り囲む。〔共同〕

↑同じく日経新聞より。竹田城は天空の城という売りがあるからアピールし易いんでしょうけど、こういうことがきっかけとなって、もっと自治体が保全に対して積極的になっていってくれれば良いですね。個人ボランティア頼みの場所は、やはり保全期間に限界があるように思うので。

« 楯の宮館 【常陸】 | トップページ | 鹿島城 【常陸】 »

雑記事(today newsなど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: today news:

« 楯の宮館 【常陸】 | トップページ | 鹿島城 【常陸】 »