« 唐沢山城 【下野】 3/3 | トップページ | 鷲城 【下野】 »

2013年6月22日 (土)

祇園(小山)城 【下野】

場所:栃木県小山市城山町(場所)
訪問:2013年6月
形態:平山城
遺構:曲輪・横堀・堀切・土塁・櫓台など
指定:国の史跡(小山氏城跡)
駐車:有
満足:★★★★★★(6.0点)

別名・小山城とも。
小山氏は藤原秀郷の後裔で、下野大掾となった太田政光が小山に移住して小山氏を名乗ったのが始祖とされています。時期は不明ですが、その小山氏によって祇園城は築城されました。
小山氏は下野一の勢力として鎌倉・南北朝時代と威勢を誇りますが、11代当主・義政の時代に宇都宮氏との対立をきっかけとして「小山義政の乱」が発生。鎌倉府との間で衝突を繰り返すも、1382年には義政が櫃沢城で敗れて自害し、その子・若犬丸も逃れた奥州で抗戦を続けますが、1397年に会津で自害して小山氏嫡流は滅んでしまいます。
その後、小山氏は同族の結城氏から泰朝が入って小山氏を継承しますが、この系統も享徳の乱の最中に断絶。以降は結城氏と縁の強い山川氏から養子をとる形で名跡は存続するも戦乱の中で徐々に権威を失っていき、ついには1575年、後北条氏に攻められて祇園城は落城。小山氏も滅亡してしまいました。
小山氏滅亡後は北条氏照が城代として管理し、後北条氏滅亡後は本田正純が城主として入りますが、1619年、本田正純の宇都宮移封に伴って祇園城は廃城になります。

祇園城の東側は宅地化などによって消滅していますが、思川沿いには連立する形で郭がよく残されています。公園化をされてはいますが、雄大な堀切や馬出など見応えのある遺構もしっかり残されているので、訪問する価値は十分あると思いますよ。

※デジカメで撮影した動画がアップロードされています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0oyama_000a
↑小山市には「小山氏城跡」ということで、祇園城・鷲城中久喜城がまとめて国の史跡に指定されています。車でしたら移動にそう時間をとられないと思うので、まとめて廻りたいところですよね。
0gion_000a 0gion_000b
↑残されている祇園城の主要な遺構をまとめてみました。右画像は諸国古城之図です。
宅地化で失われてしまった箇所もありますが、全体で見ると比較的遺構が残されている城跡だと思います。

それではまず主郭から見ていきましょう

0oyama_001
↑【主郭】
現地の案内には本丸と記されている郭です。公園の最南端というか、現在だと公園の玄関口的な扱いの場所になりますかね。
今はひとつのまとまった郭になっていますが、諸国古城之図を見ると、郭の北東部には堀に囲まれたスペースが設けてあってそこが本丸、それ以外は二の丸と明記されています。
廃城後に耕作地などに転用され、その際に改変されてしまったということなんでしょうね。
0oyama_002
↑【主郭の土塁】
なかなか厚みがあって重厚な土塁です。
0oyama_003 0oyama_004
↑【主郭北側の堀】
非常に規模の大きな堀です。案内板によると、この堀は旧結城道だったのだとか。
0oyama_005
↑この堀には「ぎおんばし」という立派な橋が架かっています。往時はどのように往来をしていたのでしょうか。
0oyama_006
↑【馬出】
堀を渡って左手にある馬出。諸国古城之図には坂田曲輪と明記されているっぽい場所です。
0oyama_007 0oyama_008
↑馬出は立派なL字型の堀で囲まれています。主郭の本丸とされる部分にも、往時はここと同じような堀があったのかも知れません。
0oyama_009
↑【L字型の郭】
現在の残り方でいうと二郭にあたる郭ですね。前述の馬出を覆うような形状で郭が残されています。
この郭も諸国古城之図を見ると、もっと大きくて複雑な形状をしていたということが判りますね。古地図なので尺は若干違うのかも知れませんが、大まかでも配置が判るので往時を想像し易くなるのが有難いです。
0oyama_010 0oyama_011
↑この郭にも比較的よく土塁が残されています。場所によって厚みが違うのは公園化などによる工事の影響で削られてしまったからなのか、はたまた新たに設置されたものなのか・・・
0oyama_012
↑【塚田曲輪との間の堀】
天然の渓谷を利用したものなんでしょうか。この堀も非常に規模が大きいです。
0oyama_013
↑【塚田曲輪】
西側は思川に接し、他の三方を堀で囲まれた郭です。
0oyama_014 0oyama_015
↑【塚田曲輪・櫓台?】
塚田曲輪の北東隅は高台になっていて、しかも堀に突き出すような構造をしています。いかにも櫓台っぽい雰囲気をもつ場所です。
右写真は堀底から櫓台っぽい場所をみたところ。
0oyama_016 0oyama_017
↑【塚田曲輪・周囲の堀】
公園としての範囲はだいたいこの辺までなのかな?一部に水道施設のようなものが建てられていますが、塚田曲輪の周囲には規模も大きくてなかなか雰囲気の良い空堀が残されています。
0oyama_018 0oyama_019
↑【北曲輪】
祇園城の最北端だったと思われる北曲輪です。北曲輪は現在、天翁院の敷地になっています。
この社殿の裏手に馬出が残されているんですけど、うっかり見逃してしまった・・・
0oyama_020 0oyama_021
↑【北曲輪の土塁や堀】
北端には土塁や堀が残されていました。


他にも市役所の傍には小山評定が行われたという郭跡が残されています。
そちらの確認も忘れずにしておきたいところですね。

« 唐沢山城 【下野】 3/3 | トップページ | 鷲城 【下野】 »

」カテゴリの記事

地域 - 栃木」カテゴリの記事

コメント

中々よさそうな、堀ですね、深さもありそうですし・・・

>フジキセキさん

こんにちは。

市街地にある公園化された城址って、殆ど遺構が残されていないというパターンも多いですものね。行政や地元有志に感謝といったところでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園(小山)城 【下野】:

« 唐沢山城 【下野】 3/3 | トップページ | 鷲城 【下野】 »