« 伊豆長浜城 【伊豆】 2/2 | トップページ | 韮山城 【伊豆】 »

2013年7月19日 (金)

伝堀越御所跡 【伊豆】

場所:静岡県伊豆の国市四日町(場所)
訪問:2013年6月
形態:平城
遺構:なし
指定:国の史跡
駐車:有
満足:★★(2.0点)

室町時代、室町幕府の中心は京都にありましたが、前政権の中心であった鎌倉には鎌倉公方を配置して東国(主に関東)を治めていました。
この鎌倉公方、初代の足利基氏は足利尊氏の四男で、家系的には将軍と非常に近かったんですよね。幕府にとって鎌倉公方はそ
れだけ重要なポジションで、鎌倉公方の補佐役として上杉氏(関東管領)を配したことからも察することができます。

ただ、その権力から増長が発生したのか判りませんが、鎌倉公方は代を重ねるごとに幕府との軋轢が強まっていきます。そんななか、ついには関東管領とも対立が発生し、1416年には上杉禅秀の乱が勃発。この反乱をきっかけに関東は長い戦乱の時代に突入しました。

永享の乱で鎌倉公方は一旦滅亡しますが、結城合戦などを経て再び再興を許されます。しかし程なくして鎌倉公方はまたも上杉氏と対立し、今度は鎌倉を追い出されて下総・古河に本拠を移します。これが世に言う享徳の乱ですね。扇谷上杉家臣・太田道灌が活躍した時代です。
利根川を境に管領上杉方と古河公方の勢力が対峙して享徳の乱は30年近く続くことになるのですが、時の将軍・足利義政は古河公
方・足利成氏への対抗策として異母兄の足利政知を関東管領に命じ、関東に送り込みました。ただ、政知は扇谷上杉氏などの支持が得られなかったため、妨害を受けて鎌倉には入れませんでした。
そのため政知は伊豆の堀越に入り居を構え、堀越公方と称しました。

前置きが非常に長くなってしまいましたが、その堀越公方が居を構えたとされる場所が、ここ、伝堀越御所跡です。
ちなみに堀越公方は2代目・茶々丸のときに興国寺城を本拠にしていた伊勢新九郎(宗瑞/北条早雲)に攻められ、滅ぼされてしまい
ました。茶々丸は傍にある願成就院において自刃、もしくは伊豆を脱出した後、甲斐国にて捕縛されて自害したと伝えられています。

発掘調査は何度も行われたみたいで池跡などが発見されているようですが、案内があるだけで今はたんなる野原です。正直いって公園と呼ぶのも微妙な感じ。
史跡公園に向けての構想はあるみたいですが、ネックはやはり土地問題みたい。

案内は立派なので、ちょっと立ち寄って感慨にふけってみるのはありですかね。
あとこの一帯は北条氏(後北条氏じゃないですよ、本物の北条氏です)に縁がある土地だったみたいで、周辺には北条氏関連の史跡が残されています。
伊豆の中でも古くから重要な場所だったんでしょうかね。あわせて散策してみては如何でしょう。

※動画はまだ作成していません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0horigoe_001
↑伝堀越御所跡は韮山城からそう遠くない場所にあります。

0horigoe_002
↑周辺地図。この守山周辺は鎌倉幕府の執権として権勢を誇った北条氏に縁の深い場所みたいで、北条氏関連の史跡も点在しています。そういうこともあって、堀越公方もここに居を構えたということなんでしょうか。

0horigoe_003 0horigoe_004
↑【伝堀越御所跡】
現状では単なる野原ですね。
20回に及ぶ発掘調査によって池跡などは発見されているみたいなのですが、建物の痕跡は未だ見つかっていないみたいです。史跡公園に向けての整備計画なるものがあるみたいですが、現状ではちょっと難しいのかな。

0horigoe_005_2 0horigoe_006_2
↑【北条政子 産湯の井戸】
非常に有名な人物だと思うので、説明は不要ですよね。
伝堀越御所跡の反対側に、この産湯の井戸は残されています。

0horigoe_008 0horigoe_007
↑【北条氏邸跡】
守山に詰めの城を築いて、周辺には北条氏の館が建ち並んでいたんでしょうね。


0horigoe_009
自分はこれで散策を止めてしまいましたが、北条時政公墓所や北条氏一族の供養塔など見所はたくさんあります。
韮山城や韮山反射炉などとあわせて、じっくり散策してみてはいかがでしょう。

« 伊豆長浜城 【伊豆】 2/2 | トップページ | 韮山城 【伊豆】 »

」カテゴリの記事

史跡」カテゴリの記事

地域 - 静岡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝堀越御所跡 【伊豆】:

« 伊豆長浜城 【伊豆】 2/2 | トップページ | 韮山城 【伊豆】 »