« 伝堀越御所跡 【伊豆】 | トップページ | 江川家住宅(韮山代官所跡) »

2013年7月22日 (月)

韮山城 【伊豆】

場所:静岡県伊豆の国市韮山韮山(場所)
訪問:2013年6月
形態:平山城
遺構:曲輪・堀・土塁など
指定:
駐車:有
満足:★★★★★★(6.5点)

築城年は定かではないみたいですが、本格的に整備されたのは伊勢新九郎(宗瑞/北条早雲)がここ韮山城を本拠に据えた頃からだと考えられています。
伊豆を平定した後の後北条氏は隣国の相模に侵食していきますが、後北条氏が小田原城に拠点を移すのは2代目・北条氏綱の代か
らで、早雲は没するまで韮山城にあり続けました。

1590年の小田原征伐の時には北条氏康の四男・北条氏規が城主を勤めていて、約4万4千の豊臣軍を相手に約3千6百の守備兵にておよそ百日間も持ちこたえましたが、最後は開城して降伏。以降、氏規は小田原城開城に向けて尽力していくことになります。

徳川家康が関東に入ると、その家臣である内藤信成が城主として入ります。ただ、その内藤氏も1601年には駿河・駿府城への移封が決まり、韮山城は廃城となりました。

北条早雲が居を構えていただけあって、韮山城は比較的有名な城址ですよね。
遺構は韮山高校脇に残る主要部分と、北東にある山一帯に広がる砦部分に分けられますが、主要部分は公園としてよく整備されているので、一年を通して訪問することが可能です。
権現曲輪や三の丸に残されている土塁は圧巻の規模で、一目見る価値はあり。

韮山城の西側の山には、豊臣軍が構えたという陣城の跡も数多く残されています。韮山城の敷地の多くは、江戸時代に韮山で代官を勤めていた江川氏の私有地みたいなので、あまり目立つ場所での無茶は不味いですが、興味のある方は陣城とわせて山中に残されている砦の面影を探してみてはいかがでしょうか。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0nirayama_001b
↑韮山城とその周辺図。韮山城の周囲は泥田や湿地が多くて攻めづらかったのでしょう。小田原征伐の際に、豊臣軍は東側の山に陣を構えました。
きちんと整備されているのは主要部くらいですが、各砦や豊臣軍が築いた陣城も遺構は残されているみたいです。興味のある方は確認してみてください。

0nirayama_002b 0nirayama_003
↑簡単に確認した韮山城・主要部の遺構を記してみました。古絵図と比べてみても、比較的良く郭跡が残されていることが判ります。

0nirayama_004
↑【遠視】
北側から見た韮山城。

0nirayama_005 0nirayama_006
↑【城池から三郭への虎口】
歩いているときはもともと竪堀か何かだったのを遊歩道として整備したのかなと思っていたのですが、古絵図でその部分を確認すると通路として認識されていますね。
三郭の土塁と二郭に挟まれていて、枡形のような雰囲気になっています。

0nirayama_007 0nirayama_008
↑【三郭と土塁】
三郭の敷地の殆どは現在、テニスコートとして使用されています。
周囲に残る土塁は幅広で圧巻。迫力が凄いですよ。

0nirayama_009
↑【権現曲輪】
一部、道を設置するために崩されたと思われる箇所がありますが、全般的には周囲を囲む土塁がよく残されています。

0nirayama_010
↑特にお社が建てられている東側の土塁はかなり幅広に設定されており、往時から何か特別な場所だった雰囲気がたっぷり。

0nirayama_011 0nirayama_013
↑【権現曲輪の虎口】
三郭側とは別に城池方面に降りるための通路が残されています。

0nirayama_014
↑【二郭】
権現曲輪より一段高い場所に設けられている二郭。権現曲輪や虎口を監視するかのように北側を張出させ、土塁も幅広な造りになっています。

0nirayama_015
↑【土橋と堀切】
本郭との間には土橋と堀切が残されています。

0nirayama_016
↑【本郭】
そんなに広いスペースはありません。二郭と本郭は一体として機能していたのでしょう。
韮山城の権威を示すような建物があったりしたのであれば格好良いんだけど、調査ではどうだったんだろう。

0nirayama_017
↑小田原征伐の際、豊臣軍は奥の山(高圧電線の見える山)に陣城を築いて韮山城守備兵と対峙していました。当時の城主・氏規は兄の氏照や氏邦と役割が違って主に外交を任されていたため、幾度も秀吉と交渉をしてきたと言われています。ここから城を囲む豊臣軍を見て、氏規は一体何を考えていたのでしょうか。

0nirayama_018
↑本郭の南にはまだ尾根が続いています。

0nirayama_019
↑【塩倉】
その先には方形に土塁で囲まれた塩蔵と呼ばれる郭跡が残されていました。名称は塩蔵ですが、この場所は煙硝蔵だったと考えられているみたいですね。

0nirayama_012_2
↑【御座敷】
韮山高校のある場所は御座敷という名称が残されています。まあ、御殿などがあったということなんでしょうね。
ちなみに、この御座敷を通り抜けて三郭に入る道が、往時の大手だった想定されています。

« 伝堀越御所跡 【伊豆】 | トップページ | 江川家住宅(韮山代官所跡) »

」カテゴリの記事

地域 - 静岡」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、豊臣勢の主力が引いたとしても韮山城だけでは持ちこたえることは出来なかったでしょうね。

江川代官所の裏手からの天ヶ岳砦を含めた、砦群が効いていたと思いますよ。
同じように、豊臣方も高い山に陣城を築いてますが。

>山城守さん
コメント、有難うございます。

城主の北条氏規は外交も積極的に任されていたので、小田原征伐の際は家康に内応していたなんて考えもあるみたいですね。現地で聞いたお話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韮山城 【伊豆】:

« 伝堀越御所跡 【伊豆】 | トップページ | 江川家住宅(韮山代官所跡) »