« 犬掛古戦場跡【里見家の墓・八房伝説】 | トップページ | 稲村城 【安房】 »

2013年9月 1日 (日)

伏姫籠穴(ふせひめろうけつ)

前回の犬掛古戦場の項の中で「八房の生誕地」という記念碑を訪問したので、南総里見八犬伝つながりで「伏姫籠穴」にも立ち寄ってみました。

伏姫とは南総里見八犬伝の登場人物で、物語では里見義実の娘という設定みたいです。詳しい事情はわかりませんが、その伏姫と八房が流浪のすえにたどり着いたのが、この伏姫籠穴と呼ばれる洞窟なんだそうです。

なんでしょうね。ここは江戸時代に造られた観光スポット的な場所だったんでしょうか。
ただ、場所は富山(とみさん)という独立山の中腹辺りにあって、結構山深い場所なんですよね。今はある程度整備された道が設置されていますし、車で傍まで上がっていけるので訪問するのにそんなに不便は無いですけど、昔は結構大変だったんじゃないでしょうか。

南総里見八犬伝は読んだ事がないので何となくしか知らないんですけど、簡単な解説や周辺の観光ポイントはこのサイト(南房総いいとこどり)が見やすくて参考になりました。興味ある方は参考にしてみて下さい。

0_001_4 0_002_4
↑入口。もっと楽に訪問できる場所かと思ったら、意外と山深い場所でした。 →(入口の場所)

0_003_4
↑入口から山あいの渓谷を登っていくと・・・

0_004_3
↑洞窟が見えてきました。あそこが「伏姫籠穴」かな?

0_005
↑入口の門が開いていますね。

0_006 0_007
↑洞窟内にはいかにもって感じの装飾品が置かれていました。自分は知らなかったんですけど、南総里見八犬伝は水滸伝の影響も多分に受けているんですね。人物にそれぞれ将星が定められているところはそっくりです。

0_008
↑舞台もあって雰囲気はバッチリ。里見八犬伝ファンには堪らない場所なのかもしれませんね。
ここ、もともとは修験者などが使用していた場所だったりしたのかな?

0_009 0_010
↑ここから山頂を目指せるみたいで、案内の横にちょっとした道が続いていました。ちょっとだけ入ってみると、その先には伏姫籠穴とは別の洞窟が。
洞窟には五輪塔なども見えますけど、夏なので程々のところで引き返しました。この写真だって、既にいくつかの蜘蛛の巣に引っかかった状態で撮影しているんですから・・・。


« 犬掛古戦場跡【里見家の墓・八房伝説】 | トップページ | 稲村城 【安房】 »

地域 - 千葉」カテゴリの記事

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏姫籠穴(ふせひめろうけつ):

« 犬掛古戦場跡【里見家の墓・八房伝説】 | トップページ | 稲村城 【安房】 »