« ちょっと雑談【消費増税】③ | トップページ | 関宿城 【下総】 »

2013年10月 3日 (木)

古河公方館(鴻巣御所) 【下総】

場所:茨城県古河市鴻巣(地図)
訪問:2012年6月
形態:平城
遺構:曲輪・土塁・堀など
指定:茨城県指定文化財
駐車:古河総合公園の駐車場
満足:★★★★★(5.0点)

見所:初代古河公方である足利成氏も一時滞在した、古河公方に縁の深い中世城郭。

古河城から1kmも離れていない鴻巣の地に残されている古河公方館ですが、この館は享徳の乱で古河に拠点を移した足利成氏によって築城されたと伝えられています。
およそ2年ほどで御所としての機能を古河城に移してしまったみたいなので、以降は別館として使用されていたのでしょうか。

古河公方の五代目・足利義氏は嫡男が早世していたため、義氏の死去後は姫の氏姫を家臣団は擁立しました。後北条氏の傘下にあって古河公方の権力は既に有名無実化していたので、特に養子などの必要もなかったということなのでしょう。

1590年の小田原征伐で後北条氏が滅ぶと、秀吉は古河城の破却を命じます。そのため氏姫は古河公方館に入り、小弓公方・足利義明の孫である足利国朝と結婚(国朝は途中で病没してしまうため、その弟の頼氏と再婚)して、古河公方館にて余生を過ごしました。

古河公方館には氏姫の孫にあたる尊信が最後まで残っていましたが、喜連川藩主である頼氏が亡くなった為、1630年に跡継ぎとして下野国・喜連川に移動し、古河公方館は使用されなくなりました。


沼に突き出すような台地の先端に築かれた城館で、往時は古河城と堀で繋がっていたみたいですね。古河公方館の周囲は古河総合公園として整備され、干拓によって消滅していた御所沼も少しだけ復元されており、往時を偲びやすい状況にあると思います。
敷地内には古民家が移設されているので、あわせて見学するのが良いですね。料金は無料です。

※2012年6月に撮影した動画です。前半は古河城ですが、4:57頃から古河公方館が始まります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


0_1_3 0_1_4
↑大まかな古河公方館の概略図。沼に囲まれた半島状台地に古河公方館は築かれていて、往時は古河城とも船で往来できるようになっていました。

0_001_2
↑【復元された御所池】
干拓事業で消滅していた御所池ですが、公園の整備にあわせて一部が復元されました。

0_002_2
↑【主郭】
現在は公方の森という呼ばれ方もされているみたいです。来園されている人の中で、ここが史跡だと認識している方はどの程度いらっしゃるんだろうか。

0_003_2
↑【城址碑および案内】
森の入口付近にひっそりと設けられています。

0_004_2 0_005_2
↑【堀切と土塁】
碑のすぐ脇に残る堀切と土塁。

0_006_2 0_007_2
↑【古民家】
敷地内には古民家が移築されているので、あわせて確認しておきましょう。両宅とも結構貴重な古民家で
・旧中山家住宅 → 茨城県有形指定文化財
・旧飛田家住宅 → 国指定重要文化財
とそれぞれ指定を受けています。

0_008_2
↑内部にはさりげなく古河城時代の炉をかたどった模型が展示されていました。

« ちょっと雑談【消費増税】③ | トップページ | 関宿城 【下総】 »

」カテゴリの記事

地域 - 茨城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古河公方館(鴻巣御所) 【下総】:

« ちょっと雑談【消費増税】③ | トップページ | 関宿城 【下総】 »