« 二条山館 【常陸】 | トップページ | 多良崎城 【常陸】 »

2013年10月15日 (火)

片野城 【常陸】

場所:茨城県石岡市根小屋(場所)
訪問:2012年2月
形態:平山城
遺構:曲輪・空堀・水堀・土塁・馬出など
指定:市指定史跡
駐車:七代天神社に駐車 ※浄瑠璃光寺の敷地に駐車したほうが無難かも知れません
満足:★★★★★★(6.0点)

見所:巨大な堀切や角馬出、僅かに残る水堀などの遺構。太田資正のお墓も忘れずに。

片野城は13世紀の半ば頃、小田氏の一族である八代将監が小田城の北の守りとして当地に城を築いたのが始まりと伝えられているみたいです。

鎌倉時代は常陸守護を務めるなど権威を誇った小田氏ですが、南北朝時代以降は徐々に勢いを失っていき、戦国時代になるとたびたび本拠である小田城を奪われるようになってしまいます。その都度、土浦城などに退避しながら何とか小田城に復帰してきた小田氏ですが、1566年に佐竹氏に小田城を選挙された際には、片野城に佐竹氏客将の太田資正が入り、以降は戦国末に至るまで太田資正が片野城の城主を務めあげました。
ちなみに柿岡城には梶原政景が入り、城主となっています。

1591年、太田資正が病没すると、片野城には石塚城の石塚氏が入り、城主を務めます。
1602年、その石塚氏も佐竹氏の秋田転封によって転出してしまいますが、その後は徳川家に召しだされた滝川雄利が2万石にて片野城に入城し、片野藩を興しました。
しかし、片野藩は雄利の跡を継いだ正利が病弱なために二代しか続かず、正利は1625年に2万石のうち1万8千石を幕府に返納して旗本となりました。
片野城も、この時に廃城になったものと思われます。


付近に在住されている方は、今でも片野城に縁のある方が多いみたいですね。付近でお話を伺うと、意外な伝承などを聞くことができるかもしれません。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


0_1
↑大まかな片野城の概略図。各名称はあくまでブログ主の主観によるものなので、一般的な呼び名という訳ではありません。ご注意を。


片野城ではあまり写真を撮影できていないので、編集したビデオをメインに使用して城址紹介していきます。ちなみにYoutubeにアップした動画は最適化が上手にできず、画質があまりよくないです。ただ、ニコニコ動画にアップしたものは無駄に高画質なので、画質が気になる方はニコニコ版で確認してみて下さい。


■二郭および主郭


【ニコニコ動画】片野城 二郭-主郭【ブログ用】
二郭と三郭の間にあった堀切が現在は道路になっていて、その道路から二郭に入るとすぐに片野城の案内が設置されています。

主郭と二郭の間にある堀切は現在でも大きいですが、数十年前はもっと何メートルも深かったんだとか。ということは、廃城前の堀はどれだけ深かったんでしょうね。
西側の堀の中には住宅が建てられています。

主郭は南の虎口周りと北辺に土塁がよく残されています。特に北の土塁は規模も大きく、そちら側からの侵入者を遮断しようとする意図を感じとることができます。


■大堀切および北郭


【ニコニコ動画】片野城 北郭-大堀切【ブログ用】
主郭の北にある堀は非常に大規模です。
大堀切の先にある北郭。この北郭の先に水堀が残されているのですが・・・


■水堀周辺


【ニコニコ動画】片野城 水堀周辺【ブログ用】
北郭の先には大きな腰郭と、土塁や水堀が残されています。

この水堀、片野城での見所のひとつなので訪問者が多いみたいなのですが、この腰郭一帯はよく整備されていることからも判るとおり、地権者の方がしっかりと管理されております。
無断で立ち入られる方が多いことに憂慮されていたので、一言お声掛をして、許可をいただいてから立ち入るようにお願いしますね。

今は水堀も堆積物で埋もれてしまっていますが、数十年前まではもっと深くて鯉なども放されていたのだとか。あと、ここの水はどんなに日照りが続いても枯れた事が無く、集落で幾度か発生した火事の際にも、火消しに活用されたみたいです。何か神秘的ですね。


■三郭

0_001 0_002 0_003 0_004
城内で一番広大な曲輪で、現在は七代天神社の敷地として使用されています。この七代天神社は佐竹氏の時代に建立されたもので、母屋などをよく確認すると佐竹氏の家紋である「扇に月」を見つけることができると思います。


■角馬出


【ニコニコ動画】片野城 角馬出【ブログ用】
道路の設営で三郭と馬出の明確な接点が判りづらくなっていますが、馬出は比較的良好な状態で残されています。あと、堀の一部が浄瑠璃光寺の関係だったか、埋められてしまっているみたいです。


■太田資正の墓

0_005 0_006
現在、浄瑠璃光寺が建てられている曲輪跡に、岩槻城主だった太田資正のお墓が残されています。3.11の地震で墓石が崩れてしまったみたいなのですが、子孫の方がいらっしゃって修復されたのだとか。

« 二条山館 【常陸】 | トップページ | 多良崎城 【常陸】 »

」カテゴリの記事

地域 - 茨城」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です

初めて行った時に、瑠璃光寺を目指して行ったのですが見つからずに夕暮れになり諦めてしまいましたよ。

さすがに、二回目はどうも山に上がった道が違っていたらしくすぐに瑠璃光寺と城址碑も見つかりました。

ここも、かなり深い堀が有りますね、郭は畑になったりしてますがね

>ヤマシロさん

こんにちは。
ここも良い城址ですよね。

文字色の件、素早く対応していただけたみたいで、本当に有難うございました。定期的に訪問させていただいておりますので、ゆるゆるとでも更新されていくのを、楽しみにお待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片野城 【常陸】:

« 二条山館 【常陸】 | トップページ | 多良崎城 【常陸】 »