« 西方・二条城 【下野】 | トップページ | 宇都宮城 【下野】 »

2013年10月28日 (月)

today news

 

山形・舘山城に石垣 伊達政宗の命で建設か 日経電子版より抜粋


山形県の米沢市教育委員会は戦国武将・伊達政宗(1567~1636年)の祖父、晴宗が築いたとされる舘山城跡(米沢市)の発掘調査で、新たに石垣の一部を発見したことを明らかにした。

権力を象徴していた石垣が発見されたことで、伊達家の本格的な居城だった可能性が高まった。市教委の菊池政信主査は「当時としてはかなり立派な石垣で、文献などから政宗が命じて造らせたものとみられる」と分析している。

今月実施した本丸跡付近の発掘で、7~8個の切り石からなる幅約5メートル、高さ約80センチの石垣の一部を確認した。その周辺からは石垣の補強や排水のために使われていたとみられる大量の丸みを帯びた石も見つかった。このほかに約20の柱穴が見つかっており、大規模な建物を構成していたと推定している。

政宗は24歳の時、豊臣秀吉の命令で、本拠としていた米沢から岩出山城(宮城県)に移ったが、その際に米沢の城を破壊したと伝えられる。

伊達家が勢力を拡大した時代の居城はこれまで米沢城(米沢市)と考えられていた。しかし2001年に舘山城跡の北側から武家屋敷の遺構が発見され、市教委が本格的な調査に乗り出した。この結果、舘山城は政宗の生誕地だった可能性も出ている。〔共同〕

舘山城って平山城だったみたいですね。米沢城から数kmの場所にある城址で、以前から伊達晴宗が桑折西山城から移転した居城は米沢城でなく、この舘山城だった可能性が指摘されていたみたい。
とても興味深い案件です。

« 西方・二条城 【下野】 | トップページ | 宇都宮城 【下野】 »

雑記事(today newsなど)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

館山城は去年行きましたよ

確かに、当時に米沢の町の中に平城は伊達の本城は考えづらいく館山のが相応しいと個人的には
思いますね。

館山の麓には、屋敷跡の発掘調査中みたくトレンチのした状態の場所が幾つかありましたよ。

主郭での石垣はびっくりですね、一通り見学しましたが当時は石垣がある様には見えませんでした
土の中に埋没していたのでしょうが?

また、館山に行こうかな。

>ヤマシロさん

訪問済みとは流石ですね。
自分は米沢城には一度訪問しているんですけど、その当時は今ほどお城に関心を持っていなかったもので、コロッケと米沢牛くらいしか記憶に残っていません。

また遠征しなくちゃなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: today news:

« 西方・二条城 【下野】 | トップページ | 宇都宮城 【下野】 »