« 犬飼城【栃木県宇都宮市】の動画をアップロードしました | トップページ | 今年訪問した中で「堀の規模が凄かったお城」 ベスト5 »

2013年12月27日 (金)

飛山城 【下野】

場所:栃木県宇都宮市竹下町(場所)

訪問:201312

形態:平山城

遺構:曲輪・横堀・土塁(比高二重土塁)・櫓台・馬出・土橋・諸々の復元建築物など

指定:国の史跡

駐車:

満足:★★★★★★(6.5)

見所:良好に残されている縄張り、公園としても◎。同慶寺の芳賀氏累代の墓碑も容チェック。

 

飛山城は鎌倉時代末期(12931298)に芳賀高俊によって築城されたと伝えられています。芳賀氏(清原氏)は益子氏(紀氏)とともに紀清両党と呼ばれる宇都宮氏重臣で、御前城を居城としていました。

 

南北朝時代になると、関東で南朝方の勢力拡大を図るため、北畠親房が常陸・小田城に入ります。北畠親房は北朝方の姿勢をとる宇都宮氏攻めを幕僚の春日顕国に命じ、春日顕国は益子氏の八木岡城・益子城・西明寺城・上三川城・箕輪城などを攻略し、さらには飛山城も攻め落としました。

北畠親房はこうして常陸西部を中心に南朝方の拠点を築き上げますが、北朝が高師冬を関東に派遣すると南朝方は徐々に劣勢に追い込まれていくことになります。

 

1549年、古河公方の要請を受けて那須氏の討伐に出陣した宇都宮尚綱ですが、敗戦して尚綱は討ち死にしてしまいます。跡継ぎの宇都宮広綱が幼少だったため、この混乱に乗じた壬生綱房によって宇都宮城は占拠されてしまい、宇都宮広綱は芳賀氏の居城である真岡城に匿われました。

芳賀氏当主・芳賀高定は1551年に尚綱を打ち破った那須烏山城主・那須高資を千本城にて謀殺し、さらには佐竹義昭に宇都宮城奪還のための援軍を要請。宇都宮城は壬生綱房の急死によって壬生氏を継いだ壬生綱雄が治めていましたが、こうして宇都宮城の奪還を成功させます。

なお、このときの奪還作戦に援軍として参加していた佐竹義昭は、飛山城に駐屯していたみたいですね。宇都宮城に近い飛山城は、前線基地として有用だったのでしょう。

 

1590年、小田原征伐で後北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は、宇都宮城で宇都宮仕置きを行います。こうして飛山城は破却され、廃城となりました。

 

 

鬼怒川に隣接する広大な舌状台地に築かれていて、その様子は南側というよりも北側から見たほうが、より迫力をもって確認できるとお思います。ただ、鬼怒川の急流に常時さらされてきたこの台地は崩落が繰り返されてきたものと思われ、近年の3.11地震でも大きな崩落があったのだとか。

国の史跡ということもあって、補強および修復作業が行われていました。

 

全体的に遺構はよく残されていて、北半分はちょっと綺麗過ぎと思えるくらい整備が進んでいます。手付かず感を求めるのであれば、南側に残る空堀や櫓台などが、趣きがあって良い感じ。

復元建物も数棟ありますし、資料館も併設、案内もお願いすればつけてくれるという至れり尽くせりの城址だと思います。

 

900前に訪問すると、資料館は当然のこととして、飛山城の入り口に復元されている門も閉ざされてしまっています。まあ、門を抜けなくても公園内には入れますけどね。地元の方々も普通に園内を散歩されているし。

そういったことが気になる方は、若干の注意が必要かも知れません。

 

※動画はまだ作成していません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2 0_01
↑【周辺の地形】
飛山城は鬼怒川沿いの舌状台地の先端に築かれていました。耕作地となっている周囲の低地は、やはり湿地的な感じだったのでしょうか。

1
↑【簡単な飛山城の概略図】
破城の影響なのか、5号堀を除く全ての堀に土塁を崩して堀を埋め立てた形跡がみつかったらしいです。そのうち2号堀・4号堀と6号堀の一部が整備・復元されました。

0_02
↑【大手】
資料館のそばにある入口。往時もここが大手だったと考えられているみたいです。このあたりの6号堀は綺麗に整備され、発見された木橋も復元されました。
なぜここが大手と想定されたのかというと、構えが厳重だからなんでしょうね。まずはこの曲輪Ⅶの虎口。ここは左右に備えられた櫓台状の張り出しが、しっかりと虎口を監視しています。

0_03
↑【馬出】
さきほどの虎口を突破しても、今度は馬出が侵攻を遮ります。

0_04
↑【5号堀の土橋と曲輪Ⅵの虎口】
馬出の内側は5号堀の土橋と、曲輪Ⅵの虎口が待ち構えています。

現在は南側の遊歩道からも城内に入れますが、5号堀には土橋があるものの、外の6号堀には土橋は設けられていませんでした。調査がどこまで実施されているのか判らないのであれですが、6号堀で確認されている虎口はここだけだから大手とされている可能性もあるのかな~なんて。

0_05 0_06
↑あと、ここでふと思ったのが、なんで虎口の内側に馬出なんだろうということ。先程、"厳重な構え"と言っておいてなんなんですが、防御のことを考えると、曲輪Ⅵ虎口の外に馬出を設置するんじゃなくて、曲輪Ⅶ虎口の内側に枡形を設置したほうが、より効果的なのかななんて思ってしまったり・・・。

あと、この馬出は現地案内には枡形と表記されていました。
専門家で無いのでよく判らない部分もあるんですけど、個人的には土橋の先に設けられた、堀や土塁で囲われている空間は馬出と呼んで、虎口に隣接した状態の空間は内外問わず枡形と呼ぶようにしています。
ついでにいうと、食い違い虎口から防御用に発展したのが枡形であり、出撃用に発展したのが馬出という認識ですかね。
そういったことで、当ブログでは該当箇所を馬出と説明されていただきました。言葉狩りとかいうことでは決して無いので、あしからずです。正直、自分は専門用語や業界用語といったものは、あまり好きなほうじゃないタチなので。

0_07 0_08
↑【5号堀】
6号堀と違って5号堀は未整備なのか、臨場感たっぷりで保存されています。

この飛山城で気になったのが、全般的に比高二重土塁になっている箇所が多いということですかね。写真だとわかりづらいかもしれませんが、明らかに造りは比高二重土塁と呼んでよさそうなものに仕上がっています。
他に2号堀や4号堀でも比高二重土塁が見られるんですけど、こちらは整備・復元された堀なので、実際どうだったのかはよく判らず。
比高二重土塁、あまり見かける構造では無い様に思うのですが、同日に訪問した犬飼城羽生田城でも、一部で似たような造りになっていました。

比高二重土塁というと後北条氏が有名なんですかね?逆井城では案内つきで比高二重土塁の説明がありましたが、この辺りでも使用される技法だったりしたということなのかな?なんて。
でも、栃木のお城はそう多く訪問していませんが、今までは見かけなかったような気がします。う~ん、何なんだろ。

0_09 0_10
↑【趣の残る南側の遺構】
全体的に整備が行き届きすぎてるな~なんて思われる方はこちらへ。南側の5号堀・6号堀は手付かず感が残っていて、なかなか良い雰囲気に浸れるんじゃないかと思います。
西側の壁面は崩落があった影響なのか、壁面の補強作業を行っている真っ最中でした。国の史跡なので、放置する訳にもいかないんだとか。

0_11 0_12
↑【復元された建物】
公園内には復元された建物が数棟建てられていて、竪穴建物以外は中に入ることが可能です。中には古代建物なんて異時代のものも。

0_13 0_14
↑【4号堀】
4号堀からは畝が検出されていて、その一部がちゃんと復元されています。
虎口は2箇所あるのですが、そのうちの1箇所は折の頂に向かって斜めに入る構造になっていて、こういうにも珍しいな~なんて、いろいろと考えてしまいました。こういった造りもあまり見ない気がするんですけどね。どういった意味があったんだろう。

0_15 0_16
↑【曲輪Ⅰおよび曲輪Ⅱ】
曲輪Ⅲの中に残る曲輪Ⅰと曲輪Ⅱ。堀は復元されていません。
今見るとかなり手狭なスペースしかないんですけど、これはどういった使われ方をした曲輪だったんでしょうかね。現地で見たときは、主郭である曲輪Ⅲの内部をちょっと区分けしていただけなのかなと考えていたんですけど、もしかしたら台地が崩落して小さくなっただけで、もっと全然大きい曲輪だったのかもしれませんものね。確認できる昔の航空写真からだとそう大きな違いは見つけられませんでしたが、実際どうだったのかはよく判らず。

0_17
↑【台地脇を流れる鬼怒川】
台地北西側は鬼怒川が直接ぶつかる形になるので、その影響は大きそうですしね。そういえば関宿城でも、本丸が利根川によって削られてしまい、かなり苦労したというような話を確認したような気がします。

0_18 0_19
↑【芳賀氏累代の墓碑】
飛山城そばの同慶寺は、芳賀高俊が建立した菩提所なんだとか。真岡を訪問したことはないのですが、菩提所が残されているということは、飛山城は芳賀氏にとって相当重要な拠点だったということを、表しているのではないでしょうか。

なお、往時の同慶寺は飛山城の支城として機能していて、二重堀によって内城と外城に区画されていた城郭だったみたいです。城郭云々は位置的にもさもありなんといった感じではあるんですけど、芳賀氏墓碑の近くに見られた土塁、あれはもしかして遺構だったりしたのかな。もう少しキチンと確認すればよかった・・・。

 

« 犬飼城【栃木県宇都宮市】の動画をアップロードしました | トップページ | 今年訪問した中で「堀の規模が凄かったお城」 ベスト5 »

」カテゴリの記事

地域 - 栃木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛山城 【下野】:

« 犬飼城【栃木県宇都宮市】の動画をアップロードしました | トップページ | 今年訪問した中で「堀の規模が凄かったお城」 ベスト5 »