« 柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】 | トップページ | today news »

2014年10月17日 (金)

柏飛行場 【秋水燃料庫跡】

「秋水」という戦闘機が存在したことを、皆さんはご存知でしょうか?
秋水はロケットエンジンの局地戦闘機で、ナチスドイツの「Me163コメート」をモデルに日本軍が開発を進めていましたが、完成前に終戦を迎えたため、試作機で終わり実戦投入はありませんでした。 

ちなみに本家のMe163は航空機史上唯一の実用ロケット戦闘機として知られています。ロケットエンジンを活かした上昇力と高速性によって初期では戦果をあげますが、航続距離が極端に短いという弱点が露見すると連合軍はMe163が配備された基地上空の移動を避けたため、戦果はあっという間に途絶えてしまいました。
取り扱いの大変難しい燃料のこともあり、兵器としての評価は失敗作と位置づけられています。 

1
↑【秋水 ※Wikipediaより 】 

第二次大戦中の千葉県柏市には柏陸軍飛行場があり、秋水の3機が置かれていたみたいです。その秋水は敗戦時に爆破処分されたみたいですが、秋水のために建設された燃料庫はいまでも残り、その名残を確認することが可能です。

Photo_3
↑【柏飛行場】
大まかにですが作成した柏飛行場の想定図。かなり大規模な飛行場だったことが判ります。
今回の主題である秋水燃料庫は図の右端あたりで、飛行場からはちょっと離れたところに設置したみたいですね。空襲から守りやすくするためなのか、それとも人里から極力離れた場所を選んだ結果なのかも・・・。

1_2 2_2
↑【秋水燃料庫の位置】
昔の航空写真を見ると、何気にハッキリとその姿を確認できる秋水燃料庫。8箇所チェックをいれましたが、全部が本当に燃料庫だったのかはわかりません(28は違うかも)
で、実際に訪問してみて今回確認できたのは2箇所(+脱気筒)のみでした。なにぶん住宅街なので人目が気になって仕方がない・・・。

01_2 02_2
↑【秋水燃料庫1
明瞭にその姿を確認することができる1の燃料庫。昔の黒電話の受話器( [ )みたいな形状をしています。
すぐ脇の畑で農作業をしている老夫婦がいらっしゃったので話を聞こうか迷ったのですが、何となく話かけるな的な雰囲気を感じたのでやめることに。

03_2
↑【秋水燃料庫3
恐らくこの藪の向こうに隠れていると思われるのですが、確証はありません。この状態だと冬枯れ時期でも確認は無理っぽいかな。

05_2
↑【秋水燃料庫4
1と同様にハッキリとその姿を確認することが出来ました。地下燃料庫の上に家が建っているように見えるんだけど、下水とかの家のインフラ整備を行うのに支障はなかったのだろうか・・・。

04_2
↑【秋水燃料庫5の脱気筒】
現在も畑に残されている脱気筒。燃料庫5の入口はよーく目を凝らして確認したのですけど、発見には至りませんでした。冬枯れの時期なら何かしらの痕跡は見つけられそうな気がしましたけどね。
畑の関係者と思しき人がいたのですれ違い様に軽く挨拶してみたんですけど、見事にスルーされました。きっと間が悪かったんだろうな。そういうことにしておきたい・・・。 

【関連記事】
柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】

« 柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】 | トップページ | today news »

地域 - 千葉」カテゴリの記事

戦争史跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏飛行場 【秋水燃料庫跡】:

« 柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】 | トップページ | today news »