« ちょっと経済news | トップページ | 柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】 »

2014年10月13日 (月)

「総構え」に関して思うこと

江戸幕府の発令した一国一城例で城郭の集約化が加速し、近世では多く採用された総構え。今でも江戸城は外堀がよく残されており、総構えの面影が色濃く残されています。

戦国時代で総構えのお城となると、有名なのはやはり後北条氏の小田原城でしょうか。ただ、小田原城の総構えは秀吉の小田原征伐に備えて整備されたもので、Wikipediaによると確認できる最古の総構えは荒木村重の有岡城ということになるらしいです。なるほどね。

そもそもの総構えについて、もう一度おさらいしておきましょう。総構えとは軍事拠点である「城」もしくは「砦」のみならず、その周囲に形成されている「城下町」までを堀や土塁によって取り囲み、俗に言う城内に取り込んだ形式の拠点のことを指す用語です。

こういった防御形態は城塞都市として欧州から中国まで、ユーラシア大陸では古くから採用されていました。日本の総構えと一緒の構造ですね。都市は城壁や堀に囲まれ、外敵から身を守っていました。

近隣異民族との紛争や広大な平野の有無など日本と地勢の違いはあれど、日本の集落は現代のように外敵に対して無防備な状態で存在していたのでしょうか?答えはNoです。

日本では環濠集落といって古くは集落は周囲に堀をめぐらし、逆茂木を設置するなどして外敵から身を守っていました。時代による形式の移り変わりはあれど、基本的には危険な世相であれば集落の周囲に防御構造を築くといった流れは江戸時代、はては近世城郭まで含めると近代に至るまで変化はありません。戦国時代の堺の町などがわかりやすい代表例としてあげられるかも。

これから先の時代がどうなるかはわかりませんが、今も昔も変わらないことのひとつに人口=経済力といったものがあります。特に人口=生産力に直結する近代以前では領主にとって重要な問題で、これを確保・維持できなければ勢力を保つことは非常に難しかったのではないかと。

戦国時代の戦術のひとつに「青田刈り」があります。敵領内に攻め込んだ際、相手方の田畑の実を刈り取って敵国の生産力を落としてしまうといった手法です。でもこれは人間にも当てはまる。
周辺の従属する集落なら自衛に任せておけばある程度良いのかもしれませんが、少なくとも城下町(根小屋)の住人は自分たちで守らなければ、たとえ寄せ手を撃退しても経済的損失は計り知れません。身代金などによる返還はまだましなほうで、殺されたり奴隷として他国に住民が売却されるなんてことになれば目も当てられないですよね。

このように考えていくと総構えと呼ばれる形式の城郭は、少なくとも戦国時代中期にはそこかしこで見られる一般的なものだったように思えてなりません。それこそお城の立地でよく表現される「舌状台地の先端に築かれた」なんて場所は、広大な外郭を残していることも多いですしね。香取の海(1)があったとされる場所の周囲は特に顕著かも。


こうやっていろいろ疑問に思って空想をぶつけられるようになったのは、やはり「村の城」という考え方の存在を知ったことが大きいですかね。たしかこのキーワードを初めて確認したのは余湖くんのお城のページだったような。

今回は総構えについて書いてきましたが、なんだかんだ思うところは他にもあります。「障子堀」もそうですし、「東国の城は簡素だった」と言われることもちょっといろいろと思ってみたり。機会があれば、また記事にするかもしれません。

【※1 香取の海】
現在の茨城県南部から千葉県北部あたりに存在していたとされる広大な内海。現在の霞ヶ浦・牛久沼(茨城県)・印旛沼・手賀沼(千葉県)などはその名残とされる。

« ちょっと経済news | トップページ | 柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】 »

」カテゴリの記事

雑記事(today newsなど)」カテゴリの記事

よもやま話」カテゴリの記事

コメント

城の周囲を焼き討ち・蹂躙された末に籠城で勝ってもその後が立ち行かないですし。
あと、環濠集落は現在でも奈良県に幾つか現存してますね。

村の城について自分は藤木久志の「雑兵たちの戦場 中世の傭兵と奴隷狩り」で
知りました。それまでの認識は城=武士や山賊などの支配・防御拠点ぐらいでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「総構え」に関して思うこと:

« ちょっと経済news | トップページ | 柏飛行場 【正門跡・無蓋掩体壕】 »