« today news | トップページ | today news »

2014年11月19日 (水)

【ちょっと雑談】 追加消費増税の延期について

追加の消費増税は平成174月まで延期となりました。
景気の足かせになるので以前から一貫して消費税に反対してきた自分にとってそれは良いことではあるのですが、景気条項撤廃というのがどうにも・・・。
経済は生き物だと総理は御自分でも仰っていた筈なんですけどねぇ。2年半後の景気がどうなっているのかは誰にもわからない。174月近くになって不景気だった場合は解散して再び信を問うつもりなのか?と考える向きもあるようですが、自分はそうは思わない。消費増税に対するここまでの経緯を振り返れば、そのようなことを期待するのはいかに無駄であるかが、一目瞭然なのではないかなと。 

経済対策は必ず成功させる、失敗することは考えていない。
これじゃあ、マネーの虎で放送されていたうどん屋さんの発言と何ら変わりないですよ。もうちょっと明確に解散の理由というか選挙のテーマが明示されるものだと思っていたのですが、そちらもイマイチだったしなぁ。 

デフレ下での増税がここまで大きな影響を及ぼすとは思わなかったとか発言しちゃう大臣もいらっしゃいますしね。しかも経済政策担当だし。

個人的にはアベノミクスはかなり評価しています。政権交代時が空前の円高局面だったということもありますけれど、人々の期待値に働きかけて消費を喚起し、経済の好循環をつくって20年続いたデフレ経済からの脱却を目指すという第一ステージは間違いなく成功をおさめていました。惜しむらくは柱となる経済政策を明確に築くことが出来ずに第二ステージにすすめなかったことと、あとは8%への消費増税を実施してしまったこと。特に消費増税はデフレからの脱却と真逆の政策ですからね。地方活性と謳いつつ、片方では女性の活用といってこちらもあべこべの政策を掲げましたしその辺はあれなんですが、この8%の消費増税によって好循環の勢いは完全に打ち消されてしまいました。御用学者やエコノミストは別にして、消費あっての経済だと少なくない方々が声を上げ続けていたにも関わらず、というのが残念で仕方ない。

ここ20年で一番経済政策を頑張った政権だったと思うんですけどね。21日の解散にあわせて各党それぞれ政策を明示してくるんでしょうけど、先行きが不安でたまらない・・・。

« today news | トップページ | today news »

雑記事(today newsなど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ちょっと雑談】 追加消費増税の延期について:

« today news | トップページ | today news »