« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月 6日 (土)

【ちょっと雑談】ドル円・120円突破をうけて

昨夜、ドル円が120円を突破して121円まで円安が進行しました。世界観が変わるときというのは得てしてこういうものなのかもしれませんが、あまりに急激過ぎてちょっと驚きです。

円安という流れはまだまだ継続していきそうですしね。為替予約で今のところは影響を抑えている企業も流石にこうも急激だと対応に四苦八苦しそうですし、個人もいろいろとこれからの世を想定しておかなきゃいけないんだろうなぁ。

Yahooニュースから。
2倍の速度で進む円安、前回円高時に比べ関連倒産件数は3倍超 
<円安120円台>食品値上げ、家計圧迫 輸入牛肉3割高  

小売の値上げはどんどん進むでしょうね。1120日以降で目についた値上げ記事だけでもご覧の通りです。

11/21:森永乳業、アイス値上げ 15年3月から 【830
11/25:シマダヤ、麺製品値上げ 15年3月1日から  【410】 
      日本製紙など大手製紙各社、紙コップ用原紙など値上げ  【814
      日清オイリオとJ―オイルミルズ 食用油を値上げ 20151月から 【810
11/26:テーブルマーク、冷凍食品値上げ 152月から順次 【310%
      北越紀州製紙、印刷用紙値上げ 151月下旬 【1015
11/27:ニチレイフーズ、冷凍食品値上げ 152月から 【3~18
      昭和産業、食用油値上げ 15年1月から
11/28:ハウス食品、カレールウなど値上げ 15年2月から 8
12/02:ほっかほっか亭、一部弁当値上げ 15年1月から1030
12/03:日本水産と日清食品冷凍、冷凍食品値上げ 151月から順次 【315
12/04:日東紅茶、家庭用ティーバッグ値上げ 15年3月から 【510%

  

日銀は1031日に追加の金融緩和を実施しました。日銀の目指す物価上昇率2%という目標に対してその達成が困難になったから、というのがその理由です。

消費増税による過度な物価高は消費者の支出を予想以上に抑えてしまい、売り上げ減に対応するため製造元各社は原材料費上昇に対する適切な値上げを切りつめざるを得なかった。物価上昇率が鈍化し始めたのは、こういった状況も少なからず影響していたものと推察されます。

あくまで物価上昇率2%を目指すということであれば、日銀は円安が"流石に行き過ぎた状態"だと認識するような水準に達したとしても、なかなか介入することができないのではないでしょうか。原油安という現状であればなおのことかと。

以上のことから冒頭の繰り返しになってしまいますが、円安という流れは当分継続するものとしっかり認識をしてその対策を個々人で考えることが重要なんだと思います。
自分の周りだけかもしれないですけど、意外と無防備というか、今の円安進行をどこか他世界のことのように認識している人が多いように思ったので、ちょっと記事にしてみました。
だからといって、自分がきちんと対策できている訳ではないのですけどね。言うは易く行うは難し。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »