« today news | トップページ | today news »

2015年7月 7日 (火)

強制徴用(forced to work)

ユネスコ会場で大使が使用したとされる「forced to work」。

だとすると「強制的な労働だった」と日本が認めたことになりますので、非常に残念な結果といわざるを得ません。
日曜日、直後の会見で岸田外相は”強制労働を意味するものではない”と官邸で記者に話をしていましたが、どうみても強制労働としか受け取れないんですが・・・。

該当施設における説明に記すのは徴用と勤労奉仕で十分。「強制徴用」などという表現を使用したりするから、強制=無理やり連行されたという図式で宣伝されたりするんですよ。

慰安婦問題で懲りているはずなのに、目先の利益を優先して何度同じ過ちを繰り返すんだろう・・・。


【追記】 

forced to work → 強制的な労働 
forced labor → 強制労働  

高度な外交駆け引き()を行っている日韓両国は別として、この表現を見た諸外国の方々はどのような解釈をなされるんでしょうかね?一番重要なのは、そこだと思うんですけど。 

National Requisition Ordinance → 国民徴用 
Requisition → 徴用 

日本で実施されていた徴用を英訳するのであればこれでいいのでは?なんでそこまで「強制」という表現にこだわりをもつのか、いまいち理解できません。

英ガーディアン紙
内容を見ていただければ判りますが、しっかりと「Korean forced labourers」と明記されてしまっていますね。

八幡製鉄所が世界遺産認定されたことに対する北九州市長の喜びの声明も「Yawata steel mill used thousands of forced labourers.」と発言したことになっちゃってるし。

政府は日本国民相手に躍起になって火消しをおこなうよりも、他にやることがあるのではないでしょうか・・・。

関連記事:勤労奉仕と強制労働(強制徴用)   


« today news | トップページ | today news »

雑記事(today newsなど)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強制徴用(forced to work):

« today news | トップページ | today news »