地域 - 埼玉

2015年7月20日 (月)

赤山陣屋 【武蔵】

場所:埼玉県川口市赤山(場所) 
訪問:20157月 
形態:陣屋 
遺構:空堀・土塁など 
指定:県指定文化財 
駐車:有 ※山王公園の脇
満足:★★★★★★(6.0) 
見所:陣屋というよりは赤山城と表現したくなる広大な城域。  

赤山陣屋は江戸時代に関東郡代(正式には関東代官)を務めた伊奈氏によって築かれ、1792年のお家騒動によって伊奈氏が改易・罷免されるまで代々の拠点として使用されていました。
伊奈氏改易後は廃城となり、施設は破却されたみたいです。
 

江戸幕府の元で関東郡代を代々勤めた伊奈氏の礎を築いたのは伊奈忠次で、忠次は徳川家康の関東入府の際に大久保長安や青山忠成、彦坂元正らと共に代官頭に任命され、家康の関東支配に貢献しました。
忠次は灌漑や新田開発、河川改修にて多大なる功績を残し、武蔵小室藩の藩主として現在の埼玉県北足立郡伊奈町に陣屋を築きましたが、2代目を継いだ長男・伊奈忠政が34歳の若さで亡くなってしまいます。
忠政の子息は僅か8歳であったため、関東郡代の役目は忠政の弟である伊奈忠治が引き継ぎました。なお、小室藩は3代目を継承した伊奈忠勝も跡を継いだ翌年に亡くなったため廃藩とされてしまいます。 

関東の幕府直轄領(30万石)を管轄していた関東郡代の拠点であっただけあって、その規模は想像を遥に超えたものでした。

全体的によく整備が行き届いておりますし、何より都心からそう遠くないこの場所にこれだけの自然が残されていることにびっくり。静岡の興国寺城でカブトムシに遭遇したことがありますが、まさか川口で確認することになろうとは・・・。 


※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

00map1
↑【伊奈氏陣屋と赤山陣屋】
武蔵小室藩が使用していた伊奈氏陣屋と赤山陣屋の位置関係。どちらも昔は付近をよく素通りしていましたが、史跡という認識で現地を訪れたのは赤山陣地が始めてです。 

01
↑【赤山陣屋の概略図】
低湿地帯を利用した構造云々は埼玉東部や茨木南部ではお約束といった感じですね。
赤山陣屋が構築される以前はどのような使われ方をしていた場所だったのでしょうか。発掘調査も行われたみたいですから、中世の痕跡など見つかったりしていないのかが気になります。

02 03
↑【堀跡】
今は深さも大した事ありませんが、往時は56mほどの深度があったのだとか。恐らく土塁も備えられていたことでしょう。

04 05
↑【豊富な案内】
要所ごとに案内が備えられているのが有難いですね。

06
↑【本丸】
南堀から見た本丸内部。奥に見える外環自動車道の付近までが本丸だった訳ですから、距離感を持って想像していただければ、赤山陣屋の広大さをご理解いただけるのではないかと。
往時は御殿だけでなく、高官や重臣の屋敷が立ち並んでいたことでしょう。

07
↑【土塁】
南堀から南西堀への接続部あたりで見かけた土塁跡と思しき土壇。

08
↑【赤山日枝神社】
山王公園脇の赤山日枝神社。ちなみにこの土壇も、空堀掘削時の廃土で築かれたものと考えられているらしいです。

09
↑【残される自然】
地域の方々の並々ならぬご尽力があってのことなんでしょう。
一部消滅している箇所もありますが堀を伝ってほぼ本丸を一周できますので、自然を感じながら散歩をするには丁度良い場所の様に感じました。

2013年1月28日 (月)

毛呂要害城 【武蔵】

場所:埼玉県入間郡毛呂山町阿諏訪(地図)
訪問:2013年1月
形態:平山城
遺構:曲輪・空堀など
指定:なし?
駐車:有
満足:★★★★★★☆☆☆☆(6.0点)

別名は竜ヶ谷城。毛呂山一帯は鎌倉時代から戦国にかけて毛呂氏の統治下にありました。その毛呂氏の居館と考えられている毛呂氏館とは別に、鶴ヶ島ゴルフ倶楽部の中に毛呂要害城は残されています。
詳しい歴史は判らないのですが、要害という位ですから詰めの城として使用されていたんでしょうかね。

ゴルフ場との境には鉄の門があるので、その門は自分でOPEN。帰りの閉め忘れは気をつけましょう。コースに至るまでの道は若干狭いですが、2t車が入ってこれたので殆どの車は大丈夫なのかな?竜ヶ谷山に雷電神社の駐車場と思われる広場がありますので、心配せずに案内に沿って進んでいけば到着できると思います。
一雷電神社までの道に関しては町道の扱いみたいですが、カートも普通に走ってきますので一般道と同じように注意して進みま
しょう。ゴルフ場のお客さんは一般者が入ってくる道だと認識していない可能性もありますしね。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0moro_001
↑国道沿いにある雷電神社の案内。これが毛呂要害城へ向かう道の目印です。
0moro_002
↑その先は細い道になっていますが、どんどん車で進んでしまって大丈夫。ゴルフ場の入り口にはゲートがあるので、ロックを解除しつつゲートを開けて中に進みます。ゴルフ場が休みのときには鍵が掛かってしまっている場合もあるらしいので、それだけは注意したほうがいいですね。
0moro_003 0moro_004
↑雷電神社までの道。完全にゴルフ場の敷地内ですね。
0moro_005
↑徒歩での来訪の場合、この案内に従って登っていけば大丈夫です。車での来訪の場合、神社の敷地内に駐車できるスペースが十分にありますので、そのまま車道を走って奥を目指してください。自分はここから先は徒歩なのかなと思ってちょっとしたスペースに路駐したばっかりに、帰りは大変なことに・・・。
0moro_006 0moro_007
↑徒歩で案内に従って登ると、城内で一番の広さをもつ3郭にでます。
0moro_008
↑3郭近辺の腰郭。
0moro_009
↑社務所が建てられている2郭。
0moro_010 0moro_011
↑写真左は3郭経由で続く車道というか参道。枡形っぽく見えますけど、たぶん遺構じゃ無いですよね。写真右はその反対側にある徒歩道。こちらのほうが虎口っぽい雰囲気を漂わせています。
0moro_012
↑その虎口っぽい徒歩道の下には空堀がありました。こういう遺構を見つけると城跡にきたんだって実感できて良いですよね。
0moro_013 0moro_014
↑さらにその空堀の奥には、まとまったスペースの広場がありました。ここ、普通に駐車場として使用されていますよね。ちゃんとコース内から舗装された道が続いているし。今はもっと奥まで進んでみるべきだったと後悔することしきり・・・。
0moro_015
↑2郭から本郭に続く参道。
0moro_016 0moro_017
↑本郭の周囲に残る腰郭。
0moro_018 0moro_019
↑本郭。参道で登ってきてすぐ脇にある土壇にお社が設けられています。
0moro_020
↑本郭から見る風景。

2013年1月24日 (木)

青山城 【武蔵】

場所:埼玉県比企郡小川町青山(地図)
訪問:2013年1月
形態:山城
遺構:石積・曲輪・空堀・土塁・馬出など
指定:小川町指定史跡
駐車:①仙元山経由ルート→見晴らしの丘公園駐車場②青山集落→ハイキングコース付近に2台分くらいのスペース有
満足:★★★★★★☆☆☆☆(6.0点)

青山城は青山と下里の境に位置していて、青山側では青山城、下里側では割谷城と呼ばれているみたいです。まあ、一般的には青山城で良いんじゃないでしょうか。

このお城に関する記載が殆ど見つかっていないことから、詳しい歴史は不明な部分が多いみたいなのですが、「関八州古戦録」に腰越城ともども、武州松山城の支城であったことを窺わせる記述が残されています。

城域はそんなに広い訳では無いですけど、岩盤を削った堀切や若干ですが石積も見られますので、訪問して損は無いと思います小倉城との類似点も多いので、比較するのも面白いかなと。

※デジカメVerが公開されていますが、いつか作り直したいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0ao_001_na
↑縄張り図。
0ao_002_a1
↑訪問路は複数あるみたいですが、確実に駐車したいのなら仙元山経由ルートをお勧めします。写真は西側にある青山集落から訪問する場合の入り口。どちらも青山城までは20~30分くらいなんでしょうけど、仙元山経由ルートのほうが比高差を稼げるので、楽かもしれません。
0ao_005
↑ここまでくれば青山城はすぐです。
0ao_006 0ao_007
↑歩いていると、このような石片をそこかしこで見かけます。これらも石類の名残なんでしょうかね。
0ao_008 0ao_009
↑三の郭とその堀切。堀切の断面を見ると、岩盤を削って造られたものだということが判ります。
0ao_010 0ao_011
↑写真左は本郭と三の郭を仕切る堀切。写真右は堀切の脇にある本郭虎口に向かう通路です。形状的には比企型虎口ってことで良いのかな。
0ao_012
↑本郭。周囲を廻る土塁がよく残されています。郭内には段差があって二段に分けられているんですけど、このあたりの構造も小倉城との共通項ですね。
0ao_013 0ao_014
↑見所のひとつであると思われる本郭の西にある馬出。写真右は馬出の周囲を廻る横堀。でも写真だと形状が判りづらいですかね。
0ao_015 0ao_016
↑本郭の南側の土塁には石畳状に石類が残されています。ただこの石畳状の石類、「関東の名城を歩く」によると、その殆どが後世に再配置されたものと考えられるみたいです。同著によると、その脇にある石積み(写真右)が遺構なんだとか。
0ao_017
↑これは石畳状の石類を横からみたところ。まあ、結構石片落ちていますしね。自分には見分けつきませんし、こうみると雰囲気があって個人的には良い感じかな。
0ao_018
↑本郭の南にある二の郭。
0ao_019
↑二の郭の一段下にある腰郭。

2013年1月21日 (月)

中城 【武蔵】

場所:埼玉県比企郡小川町大塚(地図)
訪問:2013年1月
形態:平山城
遺構:曲輪・空堀・土塁など
指定:なし?
駐車:1~2台くらい
満足:★★★★★★☆☆☆☆(6.0点)

中城は猿尾氏の居城だったと伝えられる城跡です。
ただ、城内だったということは案内の一文に触れられているのみで、どちらかというと仙覚律師遺跡であることを推すようなも
のばかり。本郭内の半分以上はテニスコートと化していますが、それでも周囲を取り巻く土塁や横堀は見事なものでした。
草刈も綺麗に行われていましたし、山城と違って気軽に訪問できるのもポイント高いですね。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0na_001
↑大地下、東側から見た中城。
0na_002
↑中城の北にある陣屋沼緑地を目指すと判りやすいです。若干狭めながらも駐車スペースが用意されているのは有難いですね。
0na_003
↑この池は水堀の名残と考えて良いんでしょうかね。湿地の名残だとしても、幅広なので防御力が高そう。
0na_004 0na_006
↑台地上に登ると横堀がお出迎え。
0na_005
↑主郭の虎口。台地下から登ってくると、屈折する感じで本郭に入ることになります。
0na_007 0na_008
↑主郭の内部。テニスコートが設置されています。
0na_009 0na_010
↑西側の土塁上にはお社が建てられています。正面の参道には石仏がずらり。雰囲気があって良いですね。
0na_011 0na_012
↑お社のある場所を裏から見てみると、折になっていることが判ります。写真右は折部分の拡大写真。主郭の西側は堀切を挟んで台地が続いていますが、往時は曲輪が続いていたんでしょうか。
0na_013
↑こちらは主郭の東側。腰郭でもあったんだろうか。

2013年1月18日 (金)

青鳥城 【武蔵】

場所:埼玉県東松山市石橋(地図)
訪問:2013年1月
形態:平城
遺構:曲輪・空堀・土塁など
指定:県指定史跡
駐車:なし
満足:★★★★★☆☆☆☆☆(5.5点)

青鳥城と書いて「おおどりじょう」と呼びます。珍しいですよね。
この青鳥城、関越道の東松山ICの目と鼻の先にあります。必然的に比企地方の城跡を訪問する際には側を通過していましたし、
始めてこの周辺の城跡を訪問しに来たときから、青鳥城のだいたいの場所は把握していました。それでもなぜに訪問が遅くなったかというと、遺構がそんなに多く残っていなさそうというイメージに加え、城跡の殆どが民有地なので訪問しても人目が気になって碌に散策できないんじゃないかという危惧があったのが最大の要因です。
でも訪問してみるとイメージは一変。もともと今回も予定には入っておらず、急遽の訪問決意だったということもあって本郭し
か散策していないのですが、周囲を取り巻く土塁と堀が見事に残されていて驚きました。
googlemapの航空写真で見ると一目瞭然なのですが、二郭の堀も綺麗に残されているっぽいので、それは次回訪問までお預けかな
。あと、養豚場の臭いが全体的に漂っているのは仕様ってことで認識しておきます。

※動画はまだ作成していません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0oo_001
↑大地下から見た青鳥城。
0oo_002
↑航空写真で見ると本郭はもちろん、二郭も北側には堀が良好に残っていることがわかりますね。ちなみに高速沿いにある「おとめ池」は二郭の水堀跡なんだとか。
0oo_003
↑主郭。郭内は畑として使用されています。
0oo_004 0oo_005
↑北・東・西(写真左)は土塁がよく残されているんですが、南側(写真右)はご覧のとおり。もともとは土塁があったのですが、もろもろの都合で崩したと考えるのが妥当なんでしょうかね。
0oo_006 0oo_007
↑南西には主郭の入り口に使用されているスロープがあります。写真左が上部で右は下部。下部には堀跡のような溝も見えますね。往時はどのような構造をしていたんでしょう。
0oo_008
↑このスロープのところと東側の土塁には切れ込みがありました。画像はスロープのところにある切込みから二郭をみたところ。
0oo_009 0oo_010
↑こちらは東側の土塁の切り込み。虎口の跡なんでしょうか。
0oo_011
↑主郭北側の堀。
0oo_012
↑主郭東側の堀。
0oo_013 0oo_014
↑主郭の土塁上には南東(写真左)と北西(写真右)にお社が築かれていました。
0oo_015
↑青鳥城址の碑。

2012年10月17日 (水)

滝の城 【武蔵】

場所:埼玉県所沢市城(地図)
訪問:2012年9月
形態:平山城
遺構:曲輪・馬出・空堀・土塁・土橋・井戸など
指定:県指定史跡
駐車:有
満足:★★★★★★★☆☆☆(7.0点)

【概要】 ※Wikipediaから転載
その原型は、伝承によると1180年(治承4年)頃に 源頼朝の挙兵に応じて土豪が築城したものと言われているが、記録などは残っておらず詳細は不明である。また、後述の横穴式墓群の出土により、この場所は城としての成立以前の古代においても何らかの重要な拠点として使用されてきたものと推測される。
戦国時代には、関東管領上杉氏の家臣で武蔵国守護代 大石氏の滝山城(後に八王子城)の支城として対岸の清戸番所との関係もあったとされる。その後大石定久の代に後北条氏の支配下となり北条氏照の支城になった。 氏照は本拠の滝山から北関東に度々出陣しており、その直線上にあたる滝の城は軍勢集結の拠点になった。1564年(永禄7年)の北条氏による下野への遠征の際にはこの城で陣揃(じんぞろえ)が行われたことが記録されている。
その後1590年(天正18年)、豊臣秀吉の小田原征伐の際に、浅野長政率いる豊臣方に城北側の大手方面から急襲され八王子城と共に落城[2]、徳川家康の関東入国の領内整備の頃には廃城となったと推測されている。

都心からさほど遠くないこの場所に、こんなにも迫力のある中世城郭が残されているのかと驚かされた城跡です。特に二の丸の二重堀は必見。保存会の方々のご尽力の賜物か、夏でもよく整備されていて、非常に散策しやすい城跡になっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Takinojyou_map_001_
↑概略図。二の丸にある社務所近くで配布されています。

Takinojyou_010_
↑ラミネートパウチされて展示されていた周辺情報。見るポイントが解説付で載っているのが有難いですね。

Takinojyou_001_
↑柳瀬川越しに見る滝の城。

Takinojyou_002_
↑霧吹きの井戸。現在、散見できる井戸はここだけです。

Takinojyou_003_
↑本丸。

Takinojyou_004_
↑本丸の櫓台。

Takinojyou_005_
↑本丸から見る東京都清瀬市の風景。

Takinojyou_006_
↑二の丸の二重堀。規模が大きくて本当に迫力があります。

Takinojyou_009_
↑二重堀から続く竪堀は道路に面影が残されています。

Takinojyou_007_
↑外郭の大手虎口付近。写真右手の住宅のあたりに枡形が設けられていたそうです。

Takinojyou_008_
↑外郭を覆っていた土塁の跡はなんとなく面影が残されています。

今回の撮影分は何故かピンボケした画像が多くて、ちょっと残念でした。過去訪問時の画像や今回の映像などあるので、まあいいんですけどね。ちょっと損した気分になりました。

2012年10月15日 (月)

河越館 【武蔵】

場所:埼玉県川越市上戸(地図)
訪問:2011年8月
形態:平城
遺構:曲輪・堀・井戸など
指定:国の史跡
駐車:有
満足:★★★★★☆☆☆☆☆(4.8点)

【概要】 ※Wikipediaから転載
坂東八平氏である秩父氏の嫡系にあたる一族河越氏の館である。河越館を興したのは初代能隆、あるいは父親の重隆とされる(川越市史など)。
河越氏は、平安時代末期に河越荘の開発領主として勢力を伸ばし、自領を後白河上皇に寄進し、その荘官となった。河越重頼のとき源頼朝に重用され、その娘(郷御前)が源義経の正妻となったが、義経没落の際に縁坐して重頼は誅殺された。
しかしその後も河越氏は武蔵国における在庁筆頭格として鎌倉幕府有力御家人の地位にあり、義経に連座して河越氏から剥奪されていた武蔵国留守所総検校職は重頼の三男・重員に再任され、河越館は河越氏の居館としてだけではなく、幕府の武蔵国政庁として機能した。室町時代に至るまで、栄華を誇った河越氏であったが、河越氏は、応安元年(1368年)武蔵平一揆以降没落し、一揆の大将河越直重も伊勢国に敗走して河越館に関する記録も歴史の表舞台から消えていった。
戦国時代初頭の長享の乱の際に関東管領上杉顕定が河越城を攻撃するために7年にわたってこの地に陣を構えた(上戸陣)。
また、『新編武蔵風土記稿』には「上戸に大道寺政繁の砦があった」と記されており、その砦は河越城築城後も出城として機能していたと推測され、豊臣秀吉の小田原征伐の際の天正18年(1590年)に川越城落城とともに廃城となったと考えられる。

河越氏が拠点を置いていた場所であり、その後に山内上杉家が上戸陣を敷いた際に古河公方・足利政氏が入城したこともある、地味ながらなかなか歴史的には面白い場所だと思います。
発掘調査にて判明した施設跡などもキチンと説明がされているので、個人的には楽しめました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kawayakata_001_
↑良い雰囲気です。  

Kawayakata_002__2
Kawayakata_003__2
Kawayakata_004_
Kawayakata_005_
↑わかり易くて助かります。

Kawayakata_006_
↑土塁。

Kawayakata_007_
↑引き続きの整備を期待しています。

2012年10月13日 (土)

川越城 【武蔵】

場所:埼玉県川越市郭町(地図)
訪問:2011年8月ほか
形態:平山城
遺構:本丸御殿の一部(家老詰所)・曲輪・空堀・土塁・井戸・天守櫓台など
指定:県指定史跡(御殿は埼玉県有形文化財)
駐車:初雁球場の脇に有
満足:★★★★★(5.5点)

川越といえば昔から小江戸と謳われ、大田道灌がこの地に川越城を築いて以来、歴史のみならず文化的にも重きを成してきた城下町です。現在でも菓子屋横丁周辺には古い町並みが良く残されているので、あわせて散策するのがお勧めかもしれません。

お城は市街地化されてしまって本丸御殿以外の遺構は殆ど残されていませんが、天守の代りであった富士見櫓の櫓台や一部土塁、また近年復元された中ノ門堀に食い違い状になった交差点など僅かばかり残されていますので、散策してみてはいかがでしょうか。

喜多院や氷川神社などもありますし、川越は見所が満載です。

動画

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※2013年8月に内容を修正しました。

0_001
↑日本古城絵図の武州河越城図。

0_005 0_006

↑【本丸御殿】
川越城で一番の見所だと思われる本丸御殿。現存する本丸御殿となると川越城や高知城など僅かしかなく、大変貴重な史跡なんだと思われます。

0_007 0_008
↑【本丸御殿内部】
内部は無料で見学することが可能です。往時はとても広かった本丸御殿ですが、現在残されているのは大広間部分と家老詰所部分のみ。

0_002 0_016 
0_017 0_010_2
↑【富士見櫓跡】
川越城には天守閣は無く、本丸の片隅にある富士見櫓が天守の役割(お城のシンボル)を果たしていました。
本丸御殿から歩くこと2分程度なので、こちらにも是非足を伸ばしてもらいたく。

0_003 0_018 
0_011 0_019

↑【三芳野神社】
童歌「通りゃんせ」の舞台になったといわれる三芳野神社。
本丸の片隅にある三芳野神社への通り道は、相当に監視が厳しかったであろうことが容易に想像されます。何とかお願いして三芳野神社まで通してもらっても、帰りはまた何か悪事を働いていないか詮議される。門限などもあったりして結構大変だったんじゃないでしょうか。状況を考えれば歌詞にも納得ですね。
なお、この周囲にも土塁跡と思われる土壇がいくつか残されています。数少ない川越城の遺構なので、お見逃し無く。

0_004 0_012 0_013
↑【復元された中ノ門堀】
これぞ近世城郭の堀と言えそうな中ノ門堀。

0_014 0_015

↑【川越城七不思議・霧吹きの井戸】
七不思議の中で唯一現存するのがこの霧吹きの井戸です。場所は二の丸跡に建てられている博物館の敷地内にありました。


川越の中心地は小江戸・川越として趣のある町に整備されていますし、菓子屋横丁・七福神巡り・喜多院・氷川神社など見所も多いので、一日いても楽しめる感じになってきています。
都心からそう遠い場所でもないですしね。ぶらりと散策してみるのも楽しいですよ。


2012年10月11日 (木)

難波田城 【武蔵】

場所:埼玉県富士見市下南畑(地図)
訪問:2011年8月
形態:平城
遺構:曲輪・馬出・堀・土塁など
指定:なし
駐車:有
満足:★★★★☆☆☆☆☆☆(4.5点)

【概要】 ※Wikipediaから転載
富士見市東部の荒川と新河岸川の間の自然堤防上にある、難波田氏の居城である。鎌倉時代に村山党金子氏の金子家範の子、高範が当地を与えられ地名を苗字として館を構えたのが始まりと言われている。「新編武蔵風土記稿」には築城から廃城に至るまでだけでなく具体的に城郭の構造にも触れられており、「小田原編年録」の文化9年(1812年)の古図にも描かれている。河越夜戦で難波田氏の主家扇谷上杉氏の敗戦により難波田氏が没落すると上田朝直一族の上田周防守左近の知行地となり、支城として縄張りを広げ城郭を改築していった。しかし小田原征伐の武州松山城落城と共に廃城となった。

現在は難波田城公園として整備されてるので、季節を気にすることなく訪問することが可能です。遺構の復元具合が綺麗過ぎてあまり城址という感じがしないかもしれないですけど、縄張りの復元はなかなかのものかも。

※動画はまだ作成していません

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Nannbata_002__2
↑難波田城の解説

Nannbata_003__2
↑続いて難波田城公園の案内。

Nannbata_001_a3
↑散見できる難波田城の範囲はだいたいこれ位ですね。そんなに大きなお城ではなかったのかな?

Nannbata_004_
から一の郭(本城)をみたところ。

Nannbata_005_
↑今度は
から大手をみたところ。

Nannbata_006_
から城内をみたところ。

Nannbata_007_
の土塁上から一の郭をみたところ。絵図を見ると往時は堀があったことがわかります。

Nannbata_008_
↑僅かに残る一の郭内には城址碑が。

Nannbata_009_
↑古代種の蓮。忍城そばの水城公園でも見れましたね。

Nannbata_011_

Nannbata_010_
↑資料館。往時を振り返れる古絵図は本当に貴重ですよね、ジオラマもポイント高し。

 

2012年10月 9日 (火)

岡城 【武蔵】

場所:埼玉県朝霞市岡字城戸382(場所)
訪問:2011年8月
形態:平山城
遺構:曲輪・空堀・土塁・土橋など
指定:県指定史跡
駐車:有
満足:★★★★(4.5点)

別名・岡の城山。朝霞市という比較的に都心に近い場所にありながら、中世の平山城を雰囲気を楽しめる城跡です。
夏場などのオフシーズンには、こういう場所は特に有難いかな。


動画

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Oka_001_
↑公園の見取り図

Oka_002_
↑一部面影を残す四の郭

Oka_003_
↑城内で一番の広さを持つ二の郭

Oka_004_
↑一の郭の櫓台